« マッハ!!!!!! | トップページ | 三すくみの渦中へ »

閉鎖の刻

※え~、今回は文章長いです。
しかも、絵も入れてません。
読むのが面倒という方は、明日以降の通常営業をお楽しみに。
 
 
 
まずはこちら。
迎賓館裏口さんの10月4日記事を読んでください。

柊さんは、今までいろんなサイトを看取ってきたんでしょうね。
そのパターンから行くと、私は「閉鎖する」タイプとのことらしい。

柊さん、
さすがです。

その通りです…!!!
 
 
 
物事には必ず始まりがあり、終わりがある。
いろいろな時期もあいまって、
自分が「言戯」を止める時って、いつだろう?
と考えることがよくある。

今のところ、考えられるのは3つ。

① 現相方と決定的不和になり、別離した時。

こりゃあ閉鎖だろうなあ…。
だって、約700ある記事のほとんどが相方がらみだし、
相方ネタ以外にも描けない事はないけれど、
うそ寒い記事になることは目に見えてるし…。

どちらにしても描かなくなって、すべてを投げ打って
再びパチンコ屋の穴倉に入り浸る生活に戻るでしょう。

パチンコ屋さんは、現実を見たくない人間には
たまらなくやさしい空間だから…。
(財布には容赦ねえけどな。)

② 相方と首尾よく一緒になった時。

一番シヤワセな時に、
「それでは皆さん、ごきげんよう!」
といったカンジにハッピーエンドで終わらせる…
というのも考えてたりします。

まあ、単純に、結婚生活をしながらモノ描きなんて出来んのか?
という不安もあるし。

③ 私が死んだ時。

もう、物理的に更新不能ですね。
でも、これが一番理想かもしれない。

死ぬまで日記を描き続ける。

爺さんになっても描き続ける。
 
 
 
20××年の日本。

サチ婆さんは活発に毎日街をシャクシャク歩いていて、
地元の老人会との付き合いもそつなくこなしてる。

トシ爺さんは歩くのが遅いからサチ婆さんに余されて、
しかたなく日がな部屋に閉じこもって絵を描いてるか、
近所のゲームセンターのメダルゲームをゆるゆると楽しんでいる。

部屋からあまり出ていないハズなのに、
なぜか家庭内の出来事に精通していて、
「言戯~15巻~」
に書き綴るという。

家族や親類に

「トシ爺さんの前で何かすると、描かれるよ!」

とか言われたり。

「トシ爺!サイトにあることないこと描くの止めてくれよ!」

とか言われて、

「なんじゃ、無いことは描いとらんぞ。あった事をちょっと脚色しとるだけじゃ。ふぉほほ…。」

「あんましヒドイとサチ婆に言いつけるよ!」

「あ…それだけはカンベンしてくれんかのう。サチの脇突きは若い頃から衰えとらんで、老体には応えるんじゃ…。」
 
というやり取りがあったり。
 
 
 
そんなある日のこと。
いつものように散歩から帰ってきてパソコンの電源を入れる
インドア爺さんトシ。

ポケットから取り出したメモ帳には、
本人だけがギリギリ解読できる文字でネタが羅列されている。
 
「近所のコンビニの店員さんは日本人とブラジルのハーフなんじゃが今時珍しい純朴な娘さんで、おつりをくれる時に『おじいちゃん、気をつけてね。』と声をかけてくれるんじゃ。わしゃあの娘さんに恋焦がれとる。もちろん、遠くから眺めとるだけじゃがのう。ワシってはシャイシャイ・ジイ!」

という本文を書き、
さて、絵を描こうかとペンタブレットを持ったその時。

「ん…むう…。」

近頃多くなった不整脈を感じて動きをとめる。
今回のは…ちょっとひどいのう…。

ぱくん…ぱく・・

(え?止まっ…?ま、待ってくれ…せめてあのお姉ちゃんのたわわな胸を描くまで…)

カラカラカラ~・・・

転がるペンタブレット。

パソコンの前、タブレットボードにゆっくりと突っ伏す。
俯瞰から写すカメラがゆっくりと上昇して、
やがてホワイトアウトしてゆく。

こうして、
「言戯」終了。

これが理想の終わり方かなあ~。

多分、最期の方はもう読者なんてほとんどいなくて、
一日20人くらいのオールドファン(しかも全員顔見知り)に向けて
ブツブツと発信しているというね。

陰では、
「トシ爺さんは昔ね、日記でちょっともてはやされた時期があったのよ。きっとあれが忘れられないのね。だから、描かせてあげなさい。」
とかちょっと憐れまれたりして。

弔文は最期の記事、
「コンビニのハーフのお姉ちゃん」に
コメントが3つ、トラックバックが1。

以上。みたいな。

そうなれれば最高だな。
 
 
 
ブログに限らず、個人のHPというものは、
いつ始めて、何を描き、
いつ止めるかなんてことは作者の自由ではあるのだけれど、
サイトを止めるというのは私にとって非常に難しいことではある。

止めてもまたむくむくと描きたくなるし、
こっそりと移転して、名前や何かをすっかり変えても
絵柄ですぐにバレちゃうし。

実は、以前に一度ブログを閉鎖しているんですけどね。
別に荒れたとかそういうんじゃなく、
ある事に絶望して、心がすっかり黒く染まってしまって、
そんな気持ちの亀裂からブリブリとひりだされるヘドロのような
言葉しか書けなくなった時期があって。

そんな自分がイヤでイヤで仕方なくて、
発作的に「ブログの削除」を断行したという。

そんな前科があるから、
柊さんのおっしゃる

「寿さんは閉鎖するタイプかも知れない。」

という考察は、正解だと思います。
 
 
 
今のこのサイトは。

そう簡単に止めるわけにはいかないだろうな…
と思っていますよ。

色々な本に、かなり大々的に紹介されているというのもありますし、
一日に約1万回クリックしてくださる
読者さんがたも決して無視は出来ないし。

それらはもちろん、強制ではないし、
こちらが勝手に感じている責任ではあるのですがね。

それも、
「描きたい!」
という欲求を正当化するための「責任」という面もあるし。
 
 
 
とりあえず、
今のところは相方との仲もそう悪くはないので、
「別離で閉鎖」は無いと思います。

これからも、日常のお日様から光合成してネタを作る
このサイトを、野の花のように愛でていただければな…
と思います。
 
 
 
窯焚きしてまして、いっそう長い秋の夜に、
長い長いつぶやきをしてしまいました。

お付き合いくださった方、どうもありがとうございました。
(推敲もあまりせず、酔っ払って書いてますので文章的におかしい部分があるかもしれません。ご了承ください。)

|

« マッハ!!!!!! | トップページ | 三すくみの渦中へ »

コメント

naga爺は、しんみりとじっくりと読ませていただきました。コメント3?トラックバック1?とんでもない。これからは高齢者の時代ですぞ。敬老会ご一行様団体で多数駆けつけ、言戯、ますます隆盛を極め続けることでしょう。たとえどんな「その日」がやって来るとしても、その日、その時までは、楽しく踏ん張ってくだされ。その代わり、表示文字はぐんと大きくしてね!読めないと困るから(笑)

投稿: nagaoka | 2005/10/06 07:05

そうですね,始めるのより,終わる方が難しい。
ブログに限らず,官僚組織なんか見てても,そうですよね。
つぶす方が難しい……(^^;)

もし仮にサイトを閉鎖する場合は,
・「コンテンツは残す」派
・「全て消去して閉鎖」派
トシさんは,どちらですか?

ネットの世界では,けっこう前者が多くて,
ある日行ったら全て消えていた,っていうのは,
なんかヒジョーに,さみしいのでした。
でもそれくらいスッパリしてた方がいいのかなぁ,とも思ったり。

投稿: ガンジー | 2005/10/06 07:18

個人的には①の状態だけは絶対避けていただきたく…ブログを読むにつけ寿さんから前向きで明るい印象を受けるのはずっと寿さんの元からの性格だとばかり思っていた私には衝撃でしたわ。
いやー相方さんの力ってつくづく偉大なんですね

とにかく、寿さんにはずっと幸せな状態で描き続けてもらいたいなぁと思います。

投稿: 彩子 | 2005/10/06 08:07

僕のblogは毎日更新して約5ヶ月ですが、いつ毎日更新に穴があくのか、それが心配で夜も眠れません(笑)。死ぬまで続けられるよう、お互い頑張りましょう(笑)。

投稿: じゅんちゃん | 2005/10/06 09:23

トシ爺には笑わせていただきました。
しかしホントですね。始めるより終わるほうがよほど難しいですね。捨てたり整理したりすることがたっくさん出来てしまいますから・・
寿さんの「言戯」ほどファンが出来てしまうと、終わるなんてことになったら社会問題になるので 結婚しようがジイさんになろうが、訪問者があきれはてるまで続けてください!

投稿: じゃこ | 2005/10/06 09:27

寿さんの一言、一絵が言戯読者皆の共通の話題であって、共通の世界であるから。寿さんの命ある限り続けてほしいなぁ・・・

私自身、人生いつも上り坂、って事は多分かなわないことかな~とは思うけど、身の回りの小さなネタをふっと笑える日々を大切にしたいな~と、改めて思いました。

投稿: まきち | 2005/10/06 09:42

昨日…体調悪くて酒に逃げて更新サボった
俺はダメですねえ。
「言戯が月なら、うちは月見草」ですが、
それでもうちもしぶとくただしぶとくとね
続けてゆきますよ。(にやーー)
ただ、リンク先様の「テキスト=恋人
いない率高」は、そこは少しカチンー
ーー!ときたが(苦笑)


投稿: Q@N デイリーさくら | 2005/10/06 09:48

どきっとした。あぁ、どきっとした。
そんでもってほっとしました(;^_^A
エンターテナーの、エンターテイメントを意識しないココロの吐露をさせる『酒』は、とても素敵なもので。その漏れ出たココロに触れることが出来て、今この記事を(飛ばさずに)読んだ人間はみんな、なんて言うか言い様の無い、ちょっと幸せな気持ちだと思う。

ちなみに、結婚しても寿さんは大丈夫ですよ。
サチさんの『言戯』に対する理解もあるし、何よりネタ元と一緒に住むようになったら、より近くなるからネタの発生率も増えるし(笑)
とりあえず私は今、その状態ですよ?(^皿^)

これからも、寿さんのペースで、寿さんが楽しいと思えるかぎり、言戯続けてくださいね。で、ついでに私らも楽しませていただくと言うことで(^-^)
(長文失礼しました)

投稿: ゆーす | 2005/10/06 10:26

タイトル見たときに「まさかっ!?」とおもいました!
人気絶頂の時に引退なんて、キャンディーズとか、山口百恵世代?!とかおもいました

でも、うーん・・・
ました、選択肢3がいいですね~

そうなったときは、多分、相方さんが最後の記事をトシ爺さんのために書いて言戯{完}なんですよ

ハッピーエンド案もいいですよね~
結婚式の写真とかで笑って完!

言戯-新婚編-とかで帰ってきそうな気もしますが!

ともかく、いつも楽しませていただいてます♪

投稿: ました | 2005/10/06 12:02

例え話でも閉鎖はしんみりしちゃいますねぇ。
でも寿さんなら元気なおじいさんになるんでしょうから「ふぉっふぉっふぉっ」と言いながら続けてくれそう。あ・・重荷になるかな?スミマセン

一番心配なのは孫ネタを書きすぎて孫が寿じいのブログを抹消する事ではないでしょうか(^_^;)

投稿: はる | 2005/10/06 12:04

やはりタイトルにドキドキしました。

それしてもナイス老後ストーリーッス!酒でここまで書けるって素晴らしいです。思わず牛乳を噴出しました。今度酒飲みながら書いてみようかな…。

百歩(一万歩でも足りないくらい)もし相方さんというネタ元がなくなってしまったら、続けるのはやっぱり難しいですよね。

自分のみをネタにするにしても話の広がりができにくいですし、かといってあまり(中途半端な)友人をネタにしすぎるのも忍びないです。
どれだけネタにしても「自分」も「相手」も疲れっていうのはどれだけ心強いものかと思います。
この記事で改めて相方さんの影響力の強さというものを認識しました。

といった事を考えている彼女なし絵日記書きがここに一人…。うーん。逆の意味でショック;

投稿: deko | 2005/10/06 12:09

寿さんには、アタクシ(おねぇさま)の葬式ネタもやって貰うつもりなのでそれまではがんばってちょ!

んで、その時はうちの息子にでも憑依して「編み助@あの世」で、コメントを残すつもり!

よろしく!

投稿: 編み助 | 2005/10/06 17:26

私も4日の記事を読んだ時、もしも何かあったら、これほどオノロケストーリーが多いblogをどうするのでしょうなどと考えてしまいました。不謹慎で不届き者をどうぞお許しください。
blogはお仕事でも、人を楽しませるボランティアでもないと思うのです。
でも、責任感の強い寿さんですから、いろんな大変な事やストレスの溜まる事も多いでしょう。
私も寿さんが爺様になるまで、無理のないありのままのblogを続けていただきたいと切に願うファンです♪

投稿: すず | 2005/10/06 17:59

いつも楽しませていただいています。

どうも私のサイトからトラックバックがうまく送信できませんが……リンクしてコメントさせていただきました。

 http://www.mypress.jp/v2_writers/reiko_kato/story/?story_id=1212089


投稿: Reiko Kato | 2005/10/07 00:22

みなさんとちょっと違う書き込みでごめんなさい。水を差すようだったらすいません。「言戯」いつもとても面白く読ませてもらっていますが、少しだけ、「ちょっと・・・」と思う言葉遣いとかあって、、、
いまは「ハーフ」とはあまり言いません。国際結婚に寄って生まれた子は「半分」といわれてもいい気はしないし、彼女ら彼らは両親の文化双方を受け継いでいるので、当人達は「ダブル」ということが多いです。
それら、「タイの人たちの声は・・・」というのも、「日本人はみんな同じ顔で猿に見える」という言葉を想像していただければいいと思いますが、言語体系とはその民族独自のものであり、他の民族が理解しがたいからといって「みんな同じに見える(聞こえる)」というのは、やはり当人達にとっていい気持ちはしません。
偉そうで長いコメントですみません。これだけ多くの人に読まれているblogなので、公共性をもつというか、みんなで考えていければと思いました。言葉狩りとかは好きでないんですけど・・・

投稿: いしや | 2005/10/07 00:57

ゴールインしたら終了、はやめてください〜!
ふたりの結婚生活ネタ、すごい読みたいですよ〜^^;

投稿: megumiyazaki | 2005/10/07 02:38

大河ドラマのように
白髪の お爺さんになって

あの頃は などと 回想しながらの 
トシ爺を楽しみにしております

・・・・・

私が いるかなあ・・・・

ぬっきーの ハンドルネームは 姓から来てるので お嫁ちゃんに譲りましょう 二代目に
読み継がせます

投稿: ぬっきー | 2005/10/07 12:32

いつも楽しく見させて頂いています。
とあるブログ紹介の本にこちらのブログの事が載っていて、その時寿さんの絵柄に引き込まれてしまいました。
それからはチョクチョク見にきているんですが、いつもこれだけの内容の物を更新されてるのは素晴らしいと思います。それだけに色々な気苦労があるとは思うのですが無理をせずに頑張って下さいネ。
上記のコメントでいしやさんが言われてる事は確かにそうだと思いますが、あまりそういう事に気を配りすぎるとブログを書くのがつらくなるかもしれません。沢山の人が見ているブログだから最低限の公共性は必要だと思いますが、あくまで寿さんのブログなんで寿さんの言葉で書いたらいいんじゃないでしょうか、僕はそう思います。
色々書いてしまいましたが、これからも楽しみにしているんで頑張って下さい!!

投稿: ヒーロー | 2005/10/08 00:09

俺もヒーローさんの意見に賛成。いしやさんは過敏すぎかなと。
欧米の方は中・日・韓の顔の見分けがつかないと言いますが、俺らも欧米の人の区別はつきませんので、そんなこと言われても何にも気にならないですが。言語についてもそう。差別的発言なんではなく、これは「事実」ですから。
ずっと先ですが、寿爺Blog楽しみにしてますねー。

投稿: 危 | 2005/10/10 20:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/6273787

この記事へのトラックバック一覧です: 閉鎖の刻:

« マッハ!!!!!! | トップページ | 三すくみの渦中へ »