« 10冊目の書籍掲載。 | トップページ | 割れナベに綴じブタ »

夜の稲光に大興奮

e-0755

ただでさえ、カミナリというものは胸が躍るものですが、
夜のカミナリというものはまた格別といえる。

闇夜に不吉な亀裂を描く雷光。
一瞬、すべてをモノクロに染め果たす光の威力。
その直後に鼓膜を打ち付ける大轟音。

ただ事ならぬ天候に、
気分は高揚し、

「非日常への期待感」

というか、そういったものがむくむくともたげてくる。
 
 
 
発作的に花瓶を誰かの頭に炸裂させたり、
(炸裂させないけどね。)

発作的に衝撃の告白をしてみたり、
(しないけどね。)

発作的に悲壮な決意のひとつも固めたりしたくなる。
(固めないけどね。)
 
 
 
ありとあらゆる
「なんちゃって」
で遊ぶに、またとない夜と言える。

|

« 10冊目の書籍掲載。 | トップページ | 割れナベに綴じブタ »

コメント

始めまして。
いつもこのブログを楽しみに見ています。
雷ってなんかすごいですよねぇ。
特に夜の雷は。
ピカッ・・・って光って、ゴロゴロゴロゴロ・・・
というこの繰り返しが好きなんです。
なにか感動してしまうんですよ♪
では。

投稿: まこと | 2005/08/26 00:50

私も夜の雷は血が躍るというか、なにか沸き立つものがあって興奮しますなあ。
家が震動したりするともうタマラン!という感じで。

投稿: RYO | 2005/08/26 03:48

はじめまして。
や~雷って素敵ですよね。私も大好きです。

つーかシリアスごっこて!!
朝から笑わせていただきましたw

投稿: マキ | 2005/08/26 10:24

はじめまして!僕は雷の多い栃木県に住んでいますが、もちろん雷大好きです!この前なんか十数メートルしか離れてない木に落雷しました♪二時間くらい鳴りっぱなしでしたよ♪

投稿: カズ | 2005/08/26 12:48

へぇ~!男の人って、雷にシリアスを感じるんですか~

好きです!大好きです!ってコメントが以外でした。

わたしはあまり好きじゃないけど、あの稲妻は見ててきれいですね!

でもやっぱ、近いのは嫌いです~!

投稿: じゃこ | 2005/08/26 19:35

ご無沙汰しています。
地震に続き、
東北は台風ですねぇ…。

ちゃんと
「おへそ」隠して下さいね(笑)

投稿: KC | 2005/08/27 01:12

>まこと さん
はじめまして~。
どうスか?最近。

夜のカミナリはイイですよねえ~。
壮大な自然の花火って感じが。

まあ、飽くまでも
「打たれることはないであろう場所から」
という大前提がつきますけれどもね。

>RYOさん
ウキキキキ!!
ムッキャーーー!!

と、梁をつたって暴れ回っちゃうんでしょうね。
ええ、私もです。
( ´∀`)<イッショニスルナッテ?マタマター

>マキ さん
はじめまして~。
どうでした?(何が。)

マキさんもするでしょ?
「シリアスごっこ」。
( ´∀`)ノ<ココロヒライテ。

>カズ さん
はじめまして~。
どうスか、調子は?

>この前なんか十数メートルしか離れてない木に落雷しました♪

私も山の上に住んでるもんだからカミナリが「近い」んですよ。

数十メートル近くに落ちた時の、耳をつんざくあの音はスゴイですよね。

バラバラバッシャーーーン!!!!!

って。
ドキー!
としますね。

>じゃこ さん
いや、シリアスを感じるのは私だけかも…。

エロスを感じる男だっているかもしれません。
っつーか、

>わたしはあまり好きじゃないけど、あの稲妻は見ててきれいですね!

ヽ(`Д´)ノ <ドッチナンダ!?

>KC さん
ヘソを取られて哺乳類を卒業するというのもまた乙なものかな~・・と思ったり。

脳みそ!!しわしわ!!
リアス式!!

( ´∀`)<パクッタッタ

投稿: 管理人@寿 | 2005/08/28 09:12

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/5618039

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の稲光に大興奮:

» [メモ]・備忘録 - 稲光 [:: The Perfect Insider ::]
言戯 - 2005/08/26付:夜の稲光に大興奮http://maruccho.way-nifty.com/sobae/2005/08/post_0229.html イラストもテキストも、丸ごとそっくりそのまま共感! すかさず電気を消したりするのなんて、もう自分の中では基本動作です。暗い部屋の窓からカミナリを眺めてるとワクワクします。あらぬ想像や妄想を巡らせるのも楽しいです。 そして似たような感情は、台風にも通じてたりします (^^; <不謹慎? ... [続きを読む]

受信: 2005/08/26 06:54

« 10冊目の書籍掲載。 | トップページ | 割れナベに綴じブタ »