« ヤバイは案外楽しいかも。 | トップページ | 確認か?威嚇か? »

ビッグフィッシュを観た!

e-0720

『ビッグフィッシュ』という映画を観たのですよ。

ちょっと前に公開された映画で、CMなども盛んに放映していましたから、
観たという方も大勢いらっしゃるでしょう。

私は劇場で見る機会を逸してしまって、今頃DVDを借りてきての鑑賞とあいなったのですが、
ある意味、それは正解だったと思います。

何故ならば、後半はもう鼻水と涙でグシャグシャになりながら観ていたからです。

あんなもん、劇場で観てたら、相方はともかく赤の他人に泣き面を見られまいとこらえるのに必死になって、素直に物語を染み込ませられずにいられたことでしょう。

それほど、いい映画でした。
 
 
 
具体的にどこがいいかというと、なんというか、

『ステキなウソの伝え方』

に感じ入りました。
 
劇的なことはもちろん、
何気ないことも、
悲しいことや、
残酷な事実まで、

伝え方によって、面白くなったり、救われたりするものなのだということ。
想像力が生み出したやさしいウソは、人を幸せにする力があるのだということ。

それが、表現という創造の意味なのだろう。
ということを感じたのです。
 
 
 
荒唐無稽とも思える物語と、生涯の足跡。
決して触れ合わず、けれども引き合い、温もりを持ち始める終盤は、

胸を締めつけ、
下あごを震わせ、
そりゃあもう、号泣を禁じえませんでしたとも。
 
 
 
前半はやや不安な展開ですが、気長に観ることをオススメします。

|

« ヤバイは案外楽しいかも。 | トップページ | 確認か?威嚇か? »

コメント

私は飛行機の中でぼろぼろ泣きながら見ました。ああいううそをつける人間になりたいと思いつつ、まだ果たせていません。もっと修行を積まねば、と日夜特訓にはげんでいます。
当時書いた文章があるので、かなり古くて申し訳ありませんが、トラックバックさせていただきます。

投稿: 山口 浩 | 2005/07/27 00:43

寿さん、こんにちは。
私は幸運にも、試写会で観ることができました。が、試写会で観たがゆえに詳しい感想を言えず公開まで苦しい日々を過ごしました。
美しい映像、荒唐無稽な「お話」と対照的に冷徹な現実が最後に融合する「あの瞬間」からエンドロールが終わって席を立つまで泣き続けでした。何度でも観たくなる映画です。
私もその当時書いた記事がありますので、僣越ながらトラックバックさせていただきます。

投稿: くりおね | 2005/07/27 07:21

>山口 浩 さん
いいウソでしたよねえ~。
特に最後の、話が引き継がれてゆくところなんて、ボロッボロでしたよ。

まさに、
「おもしろき、こともなき世をおもしろく」
ですよねえ。

>くりおねさん
あのエンドロールとともに流れる歌がまたいいんだ。

豊かさというものは、なにもお金ばかりではないということなんですよね。

もちろん、お金もひつようだけれども。

「人生に必要なのは、勇気と、想像力と、ほんの少しのお金だ。」(ややうろ覚え)

ということなのでしょうね。

投稿: 管理人@寿 | 2005/07/27 08:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/5163152

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグフィッシュを観た!:

» 映画「Big Fish」 [H-Yamaguchi.net]
かねてより見たいと思っていた映画だが、飛行機の中で見ることができた。知らなかった [続きを読む]

受信: 2005/07/27 00:46

» MOVIE 「ビッグ・フィッシュ」試写会 [くりおね あくえりあむ]
ティム・バートンの最新作「ビッグ・フィッシュ」を、ソニーピクチャーズの試写会で一足先に観てきた。 封切り前なので、ネタバレなしで紹介したい。が。 ネタバレうんぬ [続きを読む]

受信: 2005/07/27 07:21

» 好きだけどなかなか観れない『BIG FISH』 [あひるちゃんがゆく]
先日やっと観た『チャーリーとチョコレート工場』ですが、ティム(・バートン)といえば私はもう『BIG FISH』。 『NIGHTMARE BIFORE CHRISTMAS』もいいけど『ビッグ・フィッシュ』。 こちらは人気絵日記blog『言戯』(ことざれ)の、観た人にはわかる寿さんと相方さんの素敵....... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 20:55

« ヤバイは案外楽しいかも。 | トップページ | 確認か?威嚇か? »