« 容赦ない甘え | トップページ | 絆の美。 »

惜しゲー。

e-0573

一日の、やるべきことはすべてやり終えた。

湯船に浸したクタクタの体は、疲れと垢から開放されてほっくりほぐれてる。

さあ、あとは布団にもぐりこめばたちどころ、就寝世界へまっしぐら。

布団をめくり、足をしまいこみ、枕の位置を微調整して電気を消す。

「・・・」

スイッチへ伸ばした手が中空で止まる。

何故か、電気を消す気になれない。
このまま電気を消してめがねを外せば、10秒と経たずに私は寝てしまうだろう。

しかし、惜しい。
今日のこの一日が、このまま終わってしまうのがなんとも言えず悔しい。

今日の自分が、明日の自分にやすやすとバトンを渡すことをヨシとしない。

そんな心情を汲み取った時。
私は、今日の自分を納得させるべく布団からもぞもぞと這い出す。

疲れて眠たい。
でも、寝るのは惜しい。
そんな夜は、テレビゲームをするのが望ましい。

つまり、

「惜しゲー」
である。

「惜しゲー」をオシゲもなくプレイするのだ。

・・・

ゴメン、今のナシ。
 
 
 
プレステの中には、数ヶ月前から入りっぱなしの

「ウイニングイレブン8」。
ソフトはこれしか持っていないので、選別に悩まなくていいのが便利だ。
しかも、このゲームはサッカーのゲームなので、1試合1試合で区切りがつき、いつでもやめられる。

「惜しゲー」にはうってつけと言える。
しかも、操作が難しく、判断を間違うと次々にチャンスを逸してしまうのだ。

眠気でモウロウとしながらプレイしていると、当然

(あ、パスをカットされちった。)

(あ、持ちすぎてスペースが無くなっちゃった。)

(あ、シュート浮かしちゃった。)

などと、失敗ばかりのゲームになってしまう。
そうしているうちに、

(やっぱ、今日の俺はもうだめだな。)

という気分になり、少し落胆しながらも、ひどく納得して寝床に就けるのだ。

「惜しゲー」は、今日の自分の限界を知らしめるのに、最適と言える。
 
 
 
しかし、たまに「惜しゲー」のつもりで始めたら、妙に好調でやめるにやめられず、気がつけば何試合もこなし、翌日に見事、寝不足とあいなる場合もある。

その日の自分は、自分の想像を超えてタフだったのだと気づく。

そして次の日の自分が、主にその被害を受ける。

|

« 容赦ない甘え | トップページ | 絆の美。 »

コメント

はじめまして
当方も宮城仙台在住、今年30(うああ)なので
なにか親近感を(勝手ですが)もち
楽しく拝見させて頂いております。
ぼくもよくウイイレで惜しゲーして
次の日活動不能になってます。
昔は平気だったのに、ぐす。

投稿: 人猫 | 2005/04/11 22:53

僕は野球派なので、「惜しゲー」は「パワプロ」です。

投稿: たろー | 2005/04/12 00:09

アタクシはYAHOOのドロップキューブ。
寝る前は3ゲームって決めているけど・・・つい、ね・・・

投稿: 編み助 | 2005/04/12 10:17

同じくWE8しか入ってない。
負けると止めることができない。
対戦キボン!

うちの左サイドはマラドーナ。
この突破に耐えられるかな?

投稿: そふぃ1978 | 2005/04/12 12:07

>人猫さん
はじめまして~。

最近私なんて、電源入れるのも体力を使います。

もう寝ろって話ですよね。

> たろー さん
ええ、知ってます。

>編み助 さん
ああ!
ドロップキューブ!

対戦して負けた記憶が・・・。

>そふぃ1978 さん
ウチのFWはカストロ。
つまりデフォルトでギャフン。

投稿: 管理人@寿 | 2005/04/14 21:09

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/3653079

この記事へのトラックバック一覧です: 惜しゲー。:

« 容赦ない甘え | トップページ | 絆の美。 »