« 分かち合えない過程 | トップページ | あんぱんプレイ。 »

ゴージャス作業着

春の到来を拒み続けた根雪もすっかり地面へ吸い込まれ、温んだ花粉交じりの黄色い風が吹いている。

私と母は、庭の片隅で新しい看板を作るべく、板にペンキを塗っていた。
 
 
 
「こんにちは。」

近づいてくる足音と、その声にほぼ同時に気づいて、我々は顔を上げた。
声で誰なのかはすぐ分かる。

「いらっしゃい。」

母は相好を崩して返す。

「スミコさん、こんちは。」

私も笑顔で答えた。

e-0582

スミコさんは、クラシックバレエの先生である。
年齢は不詳。
ある年齢から、歳をとるのを止めたそうだ。

いつも、気合の入った化粧と、ゴージャス極まりない服装に身を包み、クラシックバレエが染みこんだ佇まいもあいまって、女性たる緊張感を纏っている。
 
 
 
その日のスミコさんは、いつものヒザ上二桁センチのミニスカートではなく、珍しくパンツスタイルで決めていた。

母はそのことに気づき、さっそくスミコさんに探りを入れる。

「スミコさん、今日はズボンなんだ。珍しいじゃない。」

スミコさんはいつものように、目いっぱいアゴを引いて少し上目遣いにこう答えた。

「今日のコレね、ツナギなのよ。」

その言葉に驚きを禁じえない私と母。
二人同時に違う質問をぶつけた。

母「それ、ツナギだったの!?」

私「なんでスミコさんがツナギなんか着てるんですか!?」

派手な服しか持っていないハズのスミコさんが、ツナギを着るというのも意外だが、その「ツナギ」は真っ白で、いたるところに花々の刺繍が咲き誇っている。

ツナギというにはあまりにゴージャスで、我々は本人に言われるまでそれがツナギだと気づかなかった。

スミコさんは、ゆったりと2回うなづき、こう答えた。

「今日はね、別荘の畑で農作業をしてたの。」

似合わない。
が、ハイヒールで山菜採りに山に分け入るような人なので、そこはかろうじて飲み込む私。

「そのためにね、ツナギを買ってきたんだけど、真っ白でとても殺風景だったのよ。」

そりゃそうだ。
ツナギは作業着。
派手である意味が無い。

「だからね、自分でワンポイントに刺繍を入れようと思ったのだけど、刺繍しているうちにノッてきちゃって。」

「ああ~。」

早くも激しく納得する私と母。

「気がついたら、こうなってたのよねえ・・・。」

e-0582-2

農作業用のツナギすらもゴージャスに着こなすスミコさんに、

「本物のゴージャス」

というものを見せ付けられた事は言うまでもない。

|

« 分かち合えない過程 | トップページ | あんぱんプレイ。 »

コメント

スミコさん…画も気合が入って、レギュラー化の予感が。

投稿: ゆう | 2005/04/16 23:52

スミコさん。(と、ごーぢゃす作業着)
是否、見たくなったのは、ボクだけではないはず!
っていうか、刺繍もごーぢゃすにこなす
スミコさんを尊敬!

投稿: ました | 2005/04/18 10:14

>ゆうさん
スミコさんにまつわる逸話はまだまだありますので、機会があったらまた描きたいと思います。

>ましたさん
スミコさんの絵は、我ながら似ました。
実際に見てみると、驚きますよ。

私も異人種を見るような気持ちです。

投稿: 管理人@寿 | 2005/04/20 13:07

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/3721852

この記事へのトラックバック一覧です: ゴージャス作業着:

« 分かち合えない過程 | トップページ | あんぱんプレイ。 »