« KCさんと会った! | トップページ | 差別と分別と区別 »

相方と友と不穏な空気。

昨日の日曜日は、やや風は冷たかったものの好天に恵まれ、すっかり春の陽気が満ちていた。

その温かさに誘われてか、ウチの店にもお客さんが大挙して押し寄せ、昼間は久々にランチやピザでてんてこ舞いとなった。
 
 
 
そんな忙しさも一段落した3時過ぎのこと。

私のいた工房に、姉が飛び込んできて

「トシさん!相方ちゃん来てるよ!」

と伝え、去っていった。

そんな話は聞いていなかったので、驚く私。
相方は、高校時代の女友達二人を連れてウチに遊びに来てくれたのだった。

急いで手を洗い、相方たちのいるところへ向かう。
相方ご一行は、寄ってたかってウチの飼い猫にジャレついていた。

私が部屋に入ったことに相方はすぐに気づいてくれたが、友人二人は相方に促されるまで気づかなかった。

可愛さと存在感の序列で猫に遅れをとったことに、内心軽くくず折れる私。
 
 
 
相方の友、UさんとTさんは、以前にもお会いしたことのある顔見知りである。
たしか、Uさんと会うのは3度目であり、Tさんは2度目だが、ブログを開設しているので、ちょくちょく覗きに行って、近況など知っていた。

とりあえず、コーヒーなどを運びつつ、挨拶と軽い世間話をねじ込むチャンスをうかがう。

女性が二人以上集まって話しているところに、男が割って入るのは非常に困難な事業である。
独特の緊張を強いられる。

しかも、3人は旧交を温めているのだ。

そこにズカズカ入っていくのはあまりにも無粋というものだろう。
私はそれとなく遠巻きに様子を窺いながら、チャンスが来るのを待った。
 
 
 
しばらくした頃。
ふと思い出話が一段落した瞬間を見出した。

(ここだ!)

と、すばやく滑り込む私。

手にしているピザは、会話の輪に入るキッカケと、ささやかなお祝いの品である。

「エート、コレ。良かったら食べてください。」

と、相方の横からにじり寄る。

「わー!ありがとうございます~!」

そろって喜んでくれる相方&友二人。
これだけ喜んでくれると、作った甲斐があるというものだ。

(よし!)

内心、機をつかんだと確信し、言葉をつなげる。

「Uさん、就職おめでとうございます。」
Uさんは、今年美術関係の仕事が決まり、関東方面へ行ってしまうらしい。
ということを、以前相方から聞いていた。

「わー、ありがとうございます~。」

「あ!あとTさんも、最近イイことがあったようで。」

ニヤニヤしながら切り出す。

「そうそう。」
相槌を打つ二人。
赤面し、うつむくTさん。

Tさんは、つい最近恋人が出来たらしい。
そのラブラブな様子は、ブログで読んで知っていたので、思わず冷やかしたくなるのが人情というものだろう。

私は重ねて聞いてみた。

e-0563

「ん?どーなんですか?誰にも言いませんから。」
調子に乗って、完全に下世話なオッチャンと化している私。

Tさんは、ひたすら言葉を濁していた。

その時である。
背後から、不吉な一言がボソリと聞こえてきた。

e-0563-2
e-0563-3

「・・・・・・。」

何故かは分からないが、冷や汗を禁じえない私。
場には湿度の低い沈黙が舞い降りている。

「・・・ははは。」

友二人の乾いた笑い。

「・・・ははは。じゃあ、ごゆっくりどうぞ。」

私は引きつった笑いを残し、そそくさとその場を後にしたのであった。
 
 
 
季節は春。

日は眩しく、風は温んできているけれど、空気には微量の不穏が含まれている。

|

« KCさんと会った! | トップページ | 差別と分別と区別 »

コメント

呼び名かあ・・・・・・確かにそのへんが1番楽しいかも(遠い眼)。こう、ね、呼び捨てになる、その微妙な戸惑いとか喜びとか照れくささとか(遠い眼)。

で、でも、怖いよ・・・・・・相方しゃんの一言が・・・・・・。一言だけに。

投稿: RYO | 2005/03/28 03:28

なるほどねー、付き合い始めてから「呼び方」を改めるのって確かに、うれしはずかしなんでしょねー。僕のばやい、お互いに超パーソナルな呼び方が決まってくるぐらいの仲にならないと、付き合えなかったりするんで(ま、純情♪)そういう経験ないです。
ちなみにですが、うちの奥さん、今でも家庭内外で僕のこと「nagaokaさん」って呼びます(笑)

投稿: nagaoka | 2005/03/28 04:27

え?これってやばくない?
私の経験から言うと・・・・(ry

投稿: そふぃ1978 | 2005/03/28 11:17

呼び名か~
私は初対面から変わってないな~・・・「Nくん」
一生変えないつもりだし・・・

投稿: 編み助 | 2005/03/28 12:45

あー、えーと、相方ちゃんの友人Tです(汗)。
昨日は突然お邪魔いたしましたうえに、極上ピザ&コーヒーをご馳走していただき本当にありがとうございました! 
おかげさまで非常に幸せなひとときを過ごすことができました。

そして呼び名問題ですが。カーッ(照)。
実は昨日も出がけに彼と呼び名について語ってまして、試しに下の名前で呼んでみたりしたのですが、あまりの恥ずかしさに「下の名前で呼ぶのはこれで最初で最後かもしれないよ…」などと切ないことを言い、彼を悲しませてしまいました。あああ。頑張ります(泣)。

投稿: Tさん | 2005/03/28 17:46

寿さんの1枚目と2枚目の表情が怖いですねー。
寿さん達は【サチ】と【トシさん】ですよねー。
下の名前ですねー。

別れない様に頑張って下さい

投稿: るるが | 2005/03/28 19:25

寿さんと相方さん、良い感じに擦れ合ってきましたねぇ・・・(笑)
相方さんの一刺しも絶妙です。

上のイラストが映像だったなら、
相方さんの最後のコメント、リバーブ(エコー)
深めでリフレインさせたい感じです。

投稿: fanshen | 2005/03/28 21:17

ちなみに、ボクは呼び捨て派です。
が、まぁ、人によって好きな呼ばれ方とか・・・
特別な人にしか呼ばせない呼び方とかがあるらしく
それを尊重しています!!!

ところで、寿さん!!
実は、間違ってTBしてしまいました!!
「多分、ラッキーの無駄遣い」に前していたのが
オートコンプリートでダブったらしいです。
お手数ですが、TBになってないので
消去お願いします

投稿: ました | 2005/03/28 21:35

怖いなぁ、女ってやつぁ…まぁはっきり言うのは
たぶん良いことではありますが。

ま、あれですよ、五月原(セクハラ)課長プレイ
なんかしてるから怒られるんですよ(笑)

投稿: ゆう | 2005/03/29 00:02

呼び名かぁ・・・
最近「ねえ」とか「ちょっと」としか呼び合ってなかったです・・・(悲)

イラスト&おのろけ部門大賞、受賞おめでとうございまーす\(^o^)/

投稿: KYO | 2005/03/29 18:49

「輝く!日本ブログ大賞2005」イラスト&おのろけ部門大賞、受賞おめでとうございます。

KYOさんと共にお祝い申し上げます。

投稿: ちゃす彦 | 2005/03/30 17:24

>RYOさん
怖いですよね。
(他人事かい)

> nagaokaさん
>ちなみにですが、うちの奥さん、今でも家庭内外で僕のこと「nagaokaさん」って呼びます(笑)

ちなみにですが、相方はたまにしか「トシさん」と呼んでくれません。

>そふぃ1978さん
ええ。
ヤバイですねえ…。

>編み助さん
じゃあ、オイラも「N君」と呼ぼうかのう…。

>Tさん
…かわいいなあ~。
いいなあ~。

カレシさん、シヤアセモンだいっちゃなあ~。
最近、相方に呼ばれるときは「アンタ」ですよ。

「アンタ」。
ジャンがジャンガジャンガジャンガジャンガ

それはアンガールズか。

…あ、ゴメン。
今のなし。

> るるがさん
> 別れない様に頑張って下さい

縁起でもねえこと言うモンでねえ。

>fanshen さん
「でも?でも?でも?…」
みたいな?

俺、
「え?え?え?…」
みたいな?

「つづくつづくつづく…」
みたいな?

残響音含む?
みたいな?

>ましたさん
私は「トシさん呼ばわりされたい派」です。
自分の名前の中で、一番の見せ場が「トシ」の部分だからです。

>ゆうさん
五月原課長のセクハラは、最近ややわざとらしいので大好きです。

ちなみに、「玄人の独り言」も好きです。

> KYOさん
私は出来るだけ名前で呼び続けたいなあ~。
と思っております。

なぜならば、好きな人の名前を呼ぶのはシヤワセのひと時だからです。

これもノロケですな。
ありがとうございます。

>ちゃす彦さん
や、どうもです。
私は三国一のシヤワセ者です。

投稿: 管理人@寿 | 2005/04/03 22:21

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/3466696

この記事へのトラックバック一覧です: 相方と友と不穏な空気。:

» 何故かは分からないが、冷や汗を禁じえない話 [4dp]
NANAの2巻、我慢できずに買っちゃったんですよ。さすが話題になるだけあって面白い。 【News】 ◇ロッテ、26得点で楽天に快勝(TECHSIDE... [続きを読む]

受信: 2005/03/28 04:35

« KCさんと会った! | トップページ | 差別と分別と区別 »