« 世界のてっぺん | トップページ | クシャミ反応 »

レベルアップ

先日のこと。

自宅に、宅配便の配達員のアンちゃんがやってきた。
受領書にサインをしながら世間話をしていると、突然、彼の体からファンファーレが鳴り響いた。

e-0540

思わず、

「んん!?なんスか?今の音!?」

と尋ねる私。
すると、アンちゃんはニコリとしながら、

「あ、メールの着信音ですね。」

と言った。

大概の携帯電話は圏外であるハズの私のウチだが、最近では●uに限り、ギリギリ入るとの事だった。

しかし、私はだまされない。
あれは、メールの着信音などではないのだ。

あれは間違いなく、レベルアップの音なのである。
おそらく、レベルアップした瞬間を気取られたくなかったのだろう。
彼は、努力する姿を人に見せたくない性分なのだ。

その証拠に、ファンファーレが鳴った瞬間、少し慌てていた。
きっと、

(あ、やっべ!人前でレベルアップしちゃったよ!)

と思ったのだろう。
 
 
 
 
そして夜。

相方と、とある喫茶店までお茶を飲みにでかけた。
お茶をすすりながら談笑していると、

e-0540-2

突然、相方の体からも、ファンファーレが。
私は思わず、

「え!サチ、今、レベルアップしなかった?」

と聞いた。
すると相方は、携帯電話を取り出しながら

「ああ、したねえ。」

と応える。

「あ、やっぱり!なに、防御力とか上がったの?」

「いやあ、さっきご飯食べたから、『栄養』が上がったんじゃないかなあ。」

「ああ、そう。じゃあ、『体重』もレベルアップしたんだね。」

e-0540-3

リアル舌打ちをする相方。

なにか、マズイことを言ったのだろうか・・。

心当たりは・・ないのだが。
 
 
 
その日は、偶然にも二人の人間のレベルアップに立ち会ったわけなのだが、去年の秋ぐちあたりからこっち、私の体からファンファーレが聞こえたことは無い。

おそらく経験値の蓄積が足りない事が第一の原因だと思われる。

周囲の人間が次々レベルアップしてゆくのに、自分だけが取り残されている現状に、最近焦りを感じている。

|

« 世界のてっぺん | トップページ | クシャミ反応 »

コメント

きっと『上級職』なんですよ、BishopとかLoadとかみたいに・・・・・、
気にする事ないです、経験値は余計に必要でも、レベルが上がれば
・・・・・・・そりゃあもう・・・・・・すんごい事になるのでしょう。

間違いありません。(笑

投稿: goko | 2005/03/11 08:36

「そしてレベルアップできない輩は、あがきながらも、ひっそりとのたれ死んでいくのさ・・・フフッ。

ママ、もう一杯!なにっ、もう無いだと!もう無いのかよ・・・」
xは酔いつぶれ、静かに夜はふけていく・・・・・

投稿: x | 2005/03/11 09:05

あ。
「体重」言いましたね?
「体重」言いましたねぇぇぇ???
厳禁ワードっすよ~。私はこれを言われると一瞬理性飛んで、攻撃性がアップします。遠慮なく「会心の一撃」お見舞いしまっせ~。

投稿: RYO | 2005/03/11 09:16

ぽんっと一足飛びなレベルアップだけじゃなくて、日々の、微弱ながら着実な能力値の向上もありますよ。たぶん。
私も、周りが就職活動を進める中、一人だけ大学に残る計画なのですが、なんとなく皆が社会に羽ばたいてくなかで、取り残された気がしています。日常生活の中にも能力値のアップがあると考えないとやってらんないです。

投稿: うみんちゅ | 2005/03/11 10:14

そのゲームこんな感じでしたっけ?

         1up
   Λ_Λ ∩
  ( ´∀`)丿
  ⊂   )  1up
   ノ  γヽ
   (__丿\__ノ    | ̄ ̄ ̄ ̄
      ヽ(´Д`;)ノ|
      (___)|  
      | ̄ ̄ ̄ ̄
      |
      |
| ̄ ̄ ̄

投稿: そふぃ1978 | 2005/03/11 10:28

れっゔぇーるあっぷ!
相方さんを見つめる寿ししょー!の視線が冷たいのは気のせい?

投稿: るるが | 2005/03/11 17:33

その程度の毒舌ならバイト先の上司に
吐きまくってますよ(あれ?)

まぁ現実のレベルアップというのは
そんなもんですよね。ただこちらには
ダウンも存在しますが。記憶力とか。
もう寿さんくらいになると↑で相方さんに言った
台詞も忘れてますよね?都合よく。

投稿: ゆう | 2005/03/12 01:34

あ、私のメール着信音も「レベルアップ」ですよ!
その割にアップしてるのは・・・オンリー体重ですが。

うわあぁあぁあぁんっ!じゃっ!
(↑墓穴を掘りながら逃走)

投稿: 桂樹ミミ | 2005/03/12 11:16

大学生だった頃。
先輩の卒業研究発表会のとき、
どこからともなくレベルアップ音がしました。
あまりにもタイミングよくてみんなで爆笑した、なんてことがあったざます。

投稿: たい | 2005/03/12 12:21

>gokoさん
あ、そうかあ…
でも、いつの間にクラスチェンジしたのだろうか…。

> xさん
ほら、xさん、もうそれくらいにしておきなさいな。

レベルアップなんてね、世の中の回り物だんだから。

ね?

ほら、早く帰らないと、由美ちゃん心配するわよ。

って、誰がママやねん!!

っていうか、由美って誰!!??

> RYOさん
「タイ移住」。
ことぶきはにげだした!

ザガザガザガ!

>うみんちゅさん
では、何かあるごとに

「うみんちゅは攻撃力があがった!たいりょくがあがった!ホイミのじゅもんをおぼえた!」

と言えばいいのではないでしょうか。
ホイミが使えれば、大学でもヒーローですよ。

>そふぃ1978さん
それはすなわち、

「無限1UP」ですね!!

ペエ~ン、ホヨッ、ポコホヨ、ポコホヨ、ポコホヨピンポンパンピンピンポン…

ですね?

あまり増やすと、バグりますのでご注意ください。

>るるが さん
いえ、生暖かいですよ。

>ゆうさん
ええ。
この記事の出来事も、本当にあったのか怪しいです。
何しろ覚えていませんので。

>桂樹ミミさん
「体重」だけですか!?
幅は!?
幅はああああ!!??

タシタシタシ

ズボーーー!!
(墓穴にIN)

投稿: 寿@管理人 | 2005/03/12 12:29

>たいさん
発表の場は、レベルアップしやすいですからねえ。

ざます。

投稿: 寿@管理人 | 2005/03/12 12:30

俺もメールの着信音「レベルアップ」にしてる。

電車の中でレベルアップしたら、すんごい痛い目で見られた。
はい、次からは電源切ります。本当にすみませんでした。

投稿: RASEN | 2005/10/18 13:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/3253241

この記事へのトラックバック一覧です: レベルアップ:

» 「心に穴が開く」/「未来イメージの死」/人を幸福にする力 [ガンジス川のほとり〜ガンジーblog]
■「心に穴が開く」/「未来イメージの死」/人を幸福にする力 朝からベットの中で涙。 起きて顔を洗いながら涙。 どうしてこんなに涙が流れてくるのか。... [続きを読む]

受信: 2005/03/12 09:55

« 世界のてっぺん | トップページ | クシャミ反応 »