« ラブレターケース | トップページ | 臭いもの嗅ぎたさ »

相方の風邪

e-0490

相方が風邪を引いてしまった。

だんだん良くなってはきているが、まだセキが出ている状態である。
 
 
 
原因は当然、今回の私の暴走にある。
それはどうしようもない事実である。
 
 

相方は、確かにしっかり者である。
私などより、ずっと頼もしい。

しかし、決して強いわけではないのだ。
頼もしいから、つい忘れがちなのだけれど、強いわけではないのだ。

いつもその事は分かっていて、

「自分も強くならねば!」

と、相方の手を引っ張っていこうとするのだが、大体それは今回のような暴走になってしまって、結果、相方に余計に負担をかけてしまうのである。

あああ・・・情けない・・。
 
 
サチ、ごめんな~。
ホントに、これから気をつけるから、勘弁して。

あったかくして寝て、早く良くなってな。

相方:寿より。

|

« ラブレターケース | トップページ | 臭いもの嗅ぎたさ »

コメント

旧ブログに記事ですみませんが、風邪にはこれがきくそうです、簡単につくれますから、どうぞ愛おしい相方さんの為にチャレンジしてみてください!

http://pri-blo.cocolog-nifty.com/davi/2004/11/post_10.html

投稿: davi | 2005/01/27 17:50

「自分も強くならねば!」と頑張る必要はないですわよ。
等身大で二人で手をつないで歩いていけばいいのですわ!
そのままの寿さんが好きで相方さまはそばにいるのですから!
うちは婦唱夫随でございます、オーーーッホホホホ!

投稿: じゅじゅ | 2005/01/27 20:28

あらら咳風邪、ツラそうですね。
羅漢果(らかんか)、のどにやさしく美味しいですよ。
おためしあれ♪ おだいじにー。

投稿: kazumucha | 2005/01/27 20:51

>daviさん
レシピをお寄せいただき、誠にありがとうございます~!

っつーか、この料理、普通に食べたくなるくらい美味そうですね・・。

じゅるり・・。

>じゅじゅさま
ううう・・ありがたいお言葉。
相方に手をふりほどかれないように気をつけますハイ。

>kazumuchaさん
ラカンカ・・ですね。
ありがとうございます。
さっそく相方に知らせますです。

投稿: 寿(そんちょ) | 2005/01/27 21:51

いきなりなのですが相方です。

今まで私は自分がしっかり者であるとか
そんなに強い人間だとかいう自負はなかったのです。

現に今回のことなどでも熱に任せてかなり理不尽なことを寿に言ったりして困らせてしまっています。

私が、あなたが何をしようと不安にならず
いつまでも強いと勘違いしないでほしい。
要は私だって大変なんだと、心配してくれと
無意味にすねていたわけです。
実にやらしいアピールです。

このブログでは私は非常にしっかりとしていて、
でも自分はそんなできた人間ではないと思い込み
自分で作ったギャップに戸惑い、
皆様の思ってくださるように
私はしっかりしていられるだろうかと。
私もどこか不安になったのでしょう。
相当言われても困るようなことを彼にぶつけたと思います。

その結果彼が今回の記事で気遣ってくれたのだと思います。

ありがとう。寿さん。

自分では自信がありませんが、彼は事実を誇張して
私のことをここで描いてはいないといいますし、
それで皆様が「相方さんも寿さんもしっかりしてるから大丈夫」「そんなふたりならきっと幸せになれる」とおっしゃってくださるわけですから、
きっとこれから強くなっていけるだろうと思います。
ああ、自分は大丈夫かなと思わせていただけたのは
寿さんと、ここの皆様のことばあってこそです。
ありがとうございます。

やってけばどうにかなる。
今までひとりの時はこれで乗り切れてきたのですが
今回は勝手が違うので戸惑ってしまっていたのです。
でもこれまでのように楽天的(いい意味で)に
信じるようにやればいいんだなあと
熱を上げつつ思いました。

一時的に自分が不安になってしまい、彼が混乱する裏で私も彼を混乱させていたのを謝りたいと思います。

いろいろご心配をおかけしましてすみません。
ご声援ありがとうございます。

皆様のことばひとつひとつにどれだけ励まされているか、有難いではすまされないくらいです。
ほんとうに、ありがとうございます。

お互い、補い合い、喜び合い、
身の丈を知りつつ無理のないように、進んでいきたいと思っております。

すみません。うまくまとめられなくて長々と書いてしまいました。

これからも「言戯」ともどもよろしくお願いいたします。

相方:祥

投稿: 相方 | 2005/01/27 22:42

この絵の風景、貧乏病人っぽいのう。
そばに割れた茶碗に白湯なんかあれば尚良し。

投稿: 相方 | 2005/01/27 22:50

なんだか久しぶりに覗いたら大変なことになってますね。相方、改め、婚約者(もしくはフィアンセ)さん?お二人ともおめでとうございます。
ブログの記事やお二人のやり取り見てると、なんだかとっても親しみを覚えてしまい、また、お互いがお互い認め合い、変に飾らずにいる姿は、勝手にとても好感を覚えます。そんなわけで、他人事ながら、なんだか読んでる方も幸せな気分になります。前記事と続けて読むと、ここは、お二人のラブレターケース?でもあるように感じますが、「言戯」、今後も覗かせてください。

投稿: テツヤ | 2005/01/28 08:51

びょ、病床から絵への突っ込みが!
相方様。すばらしすぎます。

…今後は絵の一枚一枚に検閲が入るのかも。
さらに面白い絵になりそうですね!(違)

投稿: 蒼史 | 2005/01/28 09:53

お大事にして下さいましー。
健康はやっぱり大切です!

投稿: るるが | 2005/01/28 17:27

ひたすら静養しまして、お蔭様で
大きめだった風邪は治りました。
ただ声だけがどっかのおかまさんのようですが。
ご心配をおかけしましたm(_ _)m

投稿: 相方 | 2005/01/28 22:40

ぉお!相方さまもご登場。おねえさんも来られたし。小学生にも追っかけられて、うらやまP。

投稿: ブログ警察 | 2005/01/28 23:51

ほんにうらやましゅうございます。

相方さんも登場なさって絶妙のコンビですね。

私はブログフレンドのコメントをひたすら待ってる悲しい一人者。
いえ、寂しい独り者。
いえ、気ままな子持ち。
ええい、自由人です。

こんな貴重な相方さんと一緒になれるのは
寿さんのお人柄の賜物と断言させていただきます。ハイ!

投稿: | 2005/01/29 02:44

>相方
いやいや、そんなことないよ。
言われても仕方がない事したのは俺だから。

これから気をつけます。

>この絵の風景、貧乏病人っぽいのう。

え?だって、ビンボーじゃ・・ズドッ(脇)
くふう・・!

>テツヤさん
まあ、確かに飾らない関係ではありますね。
良いにつけ悪しきにつけ・・。

>蒼史さん
検閲が・・?
ひいいいい・・!

>ブログ警察さん
はい。
実生活では、4歳の女児にも「先生」と呼ばれております。

>桜さん
お人柄に関しましては、ちょっと自信を無くしておりますが、ほっとけばそのうち立ち直ります。ハイ!

投稿: 寿(そんちょ) | 2005/01/29 08:39

あはは
良いですね、読んでるだけでも暖かい気持ちに慣れます

信頼に勝る宝石なし

とはこの事ですね

投稿: 壱弐参 | 2005/01/29 09:57

>寿さん
あ、弱点突かれてる。(笑) うーん、風邪で弱ってるかと思いきや、そこはツッコミどころを逃さないあたり、さすが相方さん。恐るべし・・・。

>相方さん
ネットと現実のギャップ。それはネットで発言している人には多かれ少なかれあることと思います。実際の自分はこんなんじゃないけどな・・・と呟きつつ。けっこーネットの中だと理想型に近かったりして。でも、それで良いんじゃないですかね。私も実際の自分とネットでの書き込みのギャップに悩んだ時期もありましたが、ネットの理想型の発言って他人に言ってるようで、実は自分自身に言い聞かしてたりするんですよね。それに理不尽なことだって言い合えるっていうのは良いことですよ。逆に言いたいことを腹に溜めてるようなら遅かれ早かれいずれ爆発するんですから。

今回のやりとりを読んで、改めて、「あぁ、良いカップルだな。」(ちっ、あてられちまったぜ)と思いました。

「良いなぁ、お互い心を受け止め合ってて。」と素直に思いましたよ。はい。

投稿: SUGAR | 2005/01/29 16:45

>壱弐参さん
脇を突かれることが・・?

>SUGARさん
相方はどんな時でも突いてきますよ。
恐るべし、ですよ。

投稿: 寿(そんちょ) | 2005/01/30 12:26

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/2713219

この記事へのトラックバック一覧です: 相方の風邪:

» うほっ [ほにゃらほにゃら]
言戯 寿氏がいつもの調子を取り戻しつつあるぅ。   今日もひたすら更新ボタン押しまくってた・・・。 (ロートルなもんで・・・)   ... [続きを読む]

受信: 2005/01/27 22:28

« ラブレターケース | トップページ | 臭いもの嗅ぎたさ »