« 女泣かせ | トップページ | 生まれる場所を間違った。 »

もしもシッポがあったなら

最近、自動車のバーツに、「犬のシッポ」があることを知った。

それは「サンクステイル」と呼ばれるもので、運転時、他の車の前に割り込みしたり道を譲ってもらったりした際にリモコンをタシッと押すことで、車体の後部に搭載された「犬のシッポマッスィーン」がピコピコと可動。

「ありがとう!嬉しい!」

という意思を表現するモノらしいのだ。
昨今の非常に殺伐とした交通社会には、このようなふと和む、遊び心あふれる商品が必要であると思う。


もし、こういう機械が私のオシリにも付いていたなら、先ほど相方に電話した時に、

「トシさん、明日の夜空いてたら、お茶飲みにいかない?」

と誘われた私のシッポは、高々と、そして激しく反応していた事だろう。

e-0446

心にパッと花が咲くような嬉しさを伝えたくて、犬のシッポが欲しいと思う事がある。

|

« 女泣かせ | トップページ | 生まれる場所を間違った。 »

コメント

犬のシッポは喜びも表しますが、相手によって自分の強さを誇示してピンと立てたり、
「はい、私はしもべでごぜえます」とクルンと下に巻いてヘコヘコしたりするそうです。
相方さまといらっしゃるときは、激しくパタパタと喜びを表すかクルンと…ゲフッゴフッ

投稿: じゅじゅ | 2004/12/16 23:33

ポーカーフェイスはできなさそうですね。
相方さんと歩いてる時でも、ものすごくキレイで色っぽい女性が通りかかると激しく振ってしまう男のサガも丸見えに・・・。オオカミ男だ。

投稿: テツヤ | 2004/12/17 09:00

>じゅじゅさん
後者に一票。
え?賭けが成立しないって?

投稿: はせ | 2004/12/17 10:11

この記事、見ました見ました!(昨日だったかな)
価格はともかく、浸透すると面白いですねぇ。

…ちなみにワタクシ、ネコ派でございます。
でも、そんちょさんのような、こんなぷりちーなシッポだったらほしいかも。
(そして仰向けに寝て痛い目を見る。)

投稿: 蒼史 | 2004/12/17 10:26

はじめまして、いつもこっそり読ませて頂いてるのですが、今日のネタに激しく共感してしまったので、思わずコメントです。
「私に尻尾が生えているなら、恋人と接してる時には千切れんばかりに振ってるんだろうなぁ」とか、私もしょっちゅう考えてます。
私はその仮想的な尻尾を、「心の尻尾」と呼んでます。

このブログは、読むととても和やかな気持ちになれるので、とても好きです。こっそり応援してますよー。

投稿: OT | 2004/12/17 11:34

尻尾を握られると力が抜けてしまうので鍛えておかないといけません.:-P

投稿: TOK | 2004/12/17 13:18

ふふふ~、本当にかわいい、そんちょさんっ

投稿: mariko mam | 2004/12/17 13:53

いつも楽しく読ませてもらっています。(ほんとにあなたはすごい)
今回の犬のシッポですが、果たして商品として成立しますかね?
犬のシッポを振ることが万国・万人に共通する愛情表現であるとは思えません…
人によっては「愛嬌」ではなく、「挑発」に受け取ってしまうかもしれません…
今までは殺伐としていた交通社会が、殺戮に変わってしまうかも…
ただ車は携帯とすら比肩されるパーソナルツールですから、もうちょっと表現力が欲しいとは思いますね。

投稿: tosya | 2004/12/17 14:06

>じゅじゅさん
恐らく、大半が股ぐらに巻き込ん・・・
ゲホゴホガハ!!!

ま~ま~ま~♪

そういえば、今日ウチ、初雪降ったんですよお。
(話題転換超成功)

>テツヤさん
そうそう。
「綺麗な人だ~」
ブンブンブン!!!
「しっぽ。」
クルン。
みたいな。

>はせさん
寒かったんですよお~。
(早くこっちへ!)

>蒼史さん
そうそう。
「ネコ用」のしっぽも作ったら良かったのに・・。
と思いましたよ。
渋滞なんかで動かないと。シッポをパタパタしてイライラを表現したり、誤って踏んだりすると「ビーーーー!!!」とクラクションが鳴ったり。

・・意味が無いですね。

>OTさん
OTさん、はじめまして~。
初コメント感謝感激です。
こっそりではなく、大々的に応援してください!(笑)

「心のシッポ」
(はっ!)
・・ええなあ~・・。
メルヘん・・。
(ああ・・一部の人間にしか分からないネタを・・)

>TOKさん
そうそう。
オラ、力がはいらねえ・・ってゴクウ!
(三村風そのまんまツッコミ)

>mariko mamさん
ええ。
ハンドルネームも、「そんちょ」から「ぷりてぃ」に変えようか検討中ですからね。

>tosyaさん
ありがとうございます。(この胸焼けするくらい甘いことを書くブログを飽きもせず読めるあなたもすごい)

>人によっては「愛嬌」ではなく、「挑発」に受け取ってしまうかもしれません…

なるほど。
確かにそうかもしれませんね。
では、代替案としてあらかじめ後部ガラスに
「譲ってくれてありがとう。そんなあなたが大好きです。」と書いておくのはどうでしょう?

まあ、譲ってない人には、何のことかサッパリ分かりませんが、感謝されれば悪い気はしないような気がします。

投稿: そんちょ | 2004/12/17 14:25

・・・バーバーみなと?

投稿: テツヤ | 2004/12/17 15:28

はじめました、そんちょさん。いつも楽しく笑いと涙と汗(暑いだけ)を自分で流して読んでます♪
友達のサイトにさりげなくリンクされていたのを見つけてしまったのが運命ですが、それから毎日欠かさず読んでます♪

ネコ用のシッポ。が、好きです。
役に立ちませんが、大阪とかだと十分に威力を発揮しそうです、おばちゃんドライバーが使うと。
駄目・・・ですか?

トラックバックも機会があればさせていただきます(予定)
これからも、どんどんよくある日常の中に潜んだ笑いを見つける活動をよろしくお願いします♪

投稿: ました | 2004/12/17 16:44

愛する者、それとは無関係に美しい者に尻尾を
振るのが男というものでしょう。
…別のモン振ることもありますが。
ってなんでしょうね、別のモンって。

投稿: ゆう | 2004/12/18 00:37

犬のしっぽ♪可愛らしい…素晴らしいです。

投稿: るるが | 2004/12/18 12:52

人間には、2種類の人間がいる・・・。

犬のしっぽを持つ、
ピュアハートの人間と、

そうでない人間さ・・・。

投稿: めめんともりりん。 | 2004/12/18 13:58

>テツヤさん
そのとおりですw

>ましたさん
はじめました。
(これは、ネタですね?)
ネコの尻尾は、警戒態勢に入ると膨らみますから、そういった意味でも関西の方で活躍するかも知れませんね。(?)

>ゆうさん
他のものってなんですか?
ねえ、なんですか?

>るるがさん
素晴らしいでしょう。

>めめんともりりん。さん
尻尾を握られると力が抜ける人もいますよ。
私も抜けます。(?)

投稿: そんちょ | 2004/12/18 20:34

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/2288097

この記事へのトラックバック一覧です: もしもシッポがあったなら:

» しっぽ。尻尾。しっぽり・・・? [Soup's On]
この投稿は、ものすごくものすごく好きなブログ言戯さんの「もしもしっぽがあったなら」に触発されまくりまくりです。 まずは、言戯さんの出会いから・・・(すでに... [続きを読む]

受信: 2004/12/17 17:12

» シッポがなくてよかった? [――MERCURY in the AIR――]
 犬や猫などをみていて思うのは、シッポというものはおそらく、自分の意思でコントロールできないものなのではないかということだ。 ... [続きを読む]

受信: 2004/12/17 19:10

» サンクステイル [tach のアレゲ日記]
これはおもしろいですね。ただ、こんなのはなかなか付けられない でしょう。よくリアウインドウのワイパーを取り外してそこに マスコットを付けている車がいますが、... [続きを読む]

受信: 2004/12/19 21:48

» [サンクステイル] [friedtomatoの日記]
自動車の後部にとりつけて、道を譲ってもらった時など「嬉しい!」と思うときにふりふりするらしいです。その名もサンクステイル。最近一番好きなブログ「言戯」さんのバッ... [続きを読む]

受信: 2005/01/10 14:35

» これであなたの車もキュートになる!? [‘みずすましげんごろう’の 興味津々センサー♪]
インターネットの接続スピードの遅さに対するストレスが爆発しそうな週末。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか? さて、前々回の‘犬軽’ネタ(‘いぬがる’じゃないよ。‘いぬけい’と読みます。‘犬’のカラーリングを施した‘軽’ワゴン車の略)で思い出しました。 こんな商品があるの知ってます? 『サンクステイル』 運転される方ならお分かりになるかと思いますが、車線変更で割り込みした時にハザード点けますよね。あれって日本人だけがやる行為らしいのですが・・・ その代... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 01:04

« 女泣かせ | トップページ | 生まれる場所を間違った。 »