« 油断禁物 | トップページ | すまんかった・・。 »

ヨイコ・オブ・ザ・イヤー

e-0457

昨日から今日にかけて、私は非常に緊張している。

なぜならば、クリスマス期間の真っ只中だからだ。

ご存知のとおり、クリスマスには「その年における『よいこ度』の発表(ヨイコ・オブ・ザ・イヤー)」が行われる。

あまりに有名な話なので割愛しようかとも考えたのだが、念のためにもう一度おさらいしておこう。

「ヨイコ・オブ・ザ・イヤー」は、毎年12月25日の深夜に発表される。
参加資格は、就寝時、枕もとに靴下を吊り下げておくことと、遅くとも夜10時までの就寝。

靴下の提示を失念、または怠ると、「ソックス・アウト」という反則になり、退場。
夜更かしも「わるい子判定」を取られ、「ノン・スリーパー」で、これも失格となる。

なお、靴下の大きさとプレゼントの大きさは比例するというウワサが一時期実しやかに囁かれたが、靴下は提示することが目的であり、それ自体は競技に影響無い。
ただし、洗濯済みのものを提示というのが、参戦時の最低限のマナーである。
使用済みソックスを提示することは反則として規定はされていないが、審議委員長であるサンタクロース氏の心証を著しく害するので、洗濯済みのものを用いる方がよい。

「よいこ度査定」は、毎年11月の末日に開かれる「よいこ審議委員会(よい審)」で決定される。
「よい審」の構成メンバーは10人。
委員長を務めるサンタクロース氏と、九頭のトナカイである。
九頭のトナカイは、一応拒否権は与えられているものの、拒否権を発動させるためにはハッキリと「NO!」と発言しなければならず、トナカイは生物学上それが発音できないため、実質的にはサンタクロース氏の独断で決められているのが実情である。

2002年、「『よい審』の実態はサンタクロース氏の政治力(発音力?)を背景とした独裁である。しかるべき有識者を招聘し、公平に審議すべきではないか。」

という声が上がったが、クリスマスというイベント自体がサンタクロースの存在なくしては成り立たないものであり、なおかつ、「よい審」の運営が、スポンサー企業や国の補助に一切寄らないサンタクロース氏個人の事業であることから、「新世紀よいこ審議委員会(新よい審)」の発足案は立ち消えとなったことは記憶に新しい。

「ヨイコ・オブ・ザ・イヤー」の「よいこ度」は、プレゼントの内容で表される。
「わるい子」だった場合は、当然プレゼントは無し。
普通の「凡よいこ」には、キーホルダーや500円分のサンタクロースQUOカードなどが進呈される。
これは、いわゆる「参加賞」的なものであり、「今年は、普通によいこでしたね。」という意味の賞品である。

そして、毎年20名、その年における「よいこ中のよいこ」がノミネートされ、その中から「ヨイコ・オブ・ザ・イヤー大賞」が決定されるのである。

見事「ヨイコ・オブ・ザ・イヤー大賞」に選ばれた「よいこ」には、液晶プラズマテレビや、ハワイペア旅行などの豪華賞品が贈られ、ノミネートされた選りすぐりの「よいこ」は、12月26日発行の「このヨイコがすごい!(宝船社)」に掲載される。

非常に夢のあるクリスマスではあるが、物事には表と裏の両面がある。
当然、クリスマスという華やかなイベントにも、黒いウワサは付きまとう。

たとえば、定職を持たないはずのサンタクロース氏が、毎年「ヨイコ・オブ・ザ・イヤー」を開催するための資金をどこから出しているのかは今だもって謎のままであり、それは「S資金」として米・中・ロの注目を集め、KGB、CIA、中華情報局などの諜報員がサンタクロースの身辺を探り、「S資金」の謎を解明すべく暗躍したが、その件にたずさわった者は次々に姿を消し、当時の米・中・ロの代表者は、サンタクロースから「永年わるい子」の烙印を押され、生涯「ヨイコ・オブ・ザ・イヤー」への参加資格を剥奪されたのである。

これは、「表の歴史」には決して記される事のないクリスマスの裏の一面なのだ。
 
 
そういったわけで、今日、明日のうちに、2004年度における私の「よいこ度」が発表されるのである。
少なくともノミネートされるのは確実だと思われるので、焦点は「大賞が獲れるか否か」、今からそれが楽しみで仕方がない。

|

« 油断禁物 | トップページ | すまんかった・・。 »

コメント

ふむ。ひとつお忘れ。

多くの子は選に漏れて、靴下にバッテンの印をつけられることから、それが動詞化して、「×ます」→「xmas」 というようになったとさ。

投稿: ブログ警察 | 2004/12/26 01:12

ルールをひとつ誤解されている気がします。提示する「靴下」はstockingであり、socksではなかったはず。あ、でももし最近レギュレーションの変更がありましたのなら、ごめんなさい。

投稿: Reiko Kato | 2004/12/26 02:59

わたし、一体今年いくら分貰ったよ…?
一応子供だから、よゐこ・おぶぅ・ざ・いやぁ〜
にはノミネートされている筈…

投稿: るるが | 2004/12/26 21:32

さて、クリスマスも完全に明けましたが、
結果はいかがだったのでしょうか。
よいこ・わるいこ・げんきなこ(ありませんでした?)のうち、よいこの資格はとうの昔に
永久剥奪されたので、せめてげんきなこを
目指していたのですが…腰を痛めました。
今年は単なるわるいこのようです。

投稿: ゆう | 2004/12/27 00:44

>ブログ警察さん
んまい。

>Reiko Katoさん
いやいや、ストッキングは頭に被るものですから・・って、何の話でしたっけ?

>るるがさん
るるがさんは、不良大人の集まるR-18ブログ「言戯」を読んでいるので、わるい子確定ですから。

>ゆうさん
まあ、アレですよ。
過ぎた事はもういいじゃないですか・・。
勝負は来年のクリスマスですって。

投稿: そんちょ | 2004/12/29 16:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/2371312

この記事へのトラックバック一覧です: ヨイコ・オブ・ザ・イヤー:

« 油断禁物 | トップページ | すまんかった・・。 »