« 行商開始。 | トップページ | またノミネートされちった! »

術中八苦(じゅっちゅうはっく)

我が家で、両親が親しい仲間を集めて開いた食事会に相方(彼女)と共に参加した。

集まったメンバーは、いつものごくごく身内で、姉夫婦、土建屋の部長夫妻、精肉店の社長、造園会社の社長夫妻、バレエの先生夫妻、そのお弟子さんと、実にバラエティに富んだ取り合わせであった。

オッチャンたちはオッチャンたちで盛り上がっていたので、私と相方は姉夫婦と、バレエのお弟子さん(女性:19歳以後Mさんとする)のいるテーブルに座った。

談笑しながら食事をしていると、Mさんが話しかけて来たのである。

「トシさん!トシさんと彼女さんって、スゴク仲良いですよね!見てて羨ましいです~。なんか、仲良くできる秘訣とかあるんですか?」

モシモシ噛んでいたおでんを急いで飲み込み、卵がノドにつっかえたのをジュースで流した。

「ん~?そう?そんなに仲良く見える?秘訣かあ。秘訣ってなんだろうね?サチ。」
すっかり気を良くし、ニコニコしながらチラリと相方を見ると・・

e-0384.JPG

アッサリと切り捨てられた。

「・・・」

相方の顔を凝視したまま固まる私。

「ウソだって。ウソ。」

ニコリと笑う相方。
Mさんは笑って、

「お二人は、週何回くらい逢ってるんですか?」
と重ねて聞いてきた。

「まあ、大体2~3日に一回くらいだよ。」

私はなんとか立ち直り、答えた。
「ねえ?」
と、再び相方の方を向く。
すると相方は

e-0385.JPG

「え!?そうなの!?」
蒼ざめる私。

「冗談だよ、冗談。」

ニコリと笑う相方。

「・・・」

眉間に不満を漂わせながらも、なんとか踏み止まった。
話は、我々の出逢いの話になった。

「俺らはね、中学3年の時の同級生だったんだよ。」
私がそう話すと、Mさんは「運命的ですね~!」と感動してくれた。

「な!」
今度こそなにか、いい話の一つも頼むよ・・という哀願(目だけに)にも似た視線を相方に向ける。
相方は、その視線をしっかりと受け止め、それを踏まえた上で

e-0386.JPG

と言い放ちやがった。
私もさすがにムカリ心を押さえきれず、

「まあ、所詮キミの愛情はそんなモンなんだよな。」
と言ってしまったのである。

すると、相方はすかさずMさんに向かって
「ほらねー。この話すると、すぐにこういう事言うんだよ。コイツは。ヒドイやろー?」
「トシさん、ヒドイです!」
重ねるMさん。
そこへ待ってましたとばかりに姉も参戦し、
「トシはね、そういうヤツよ。こないだもさー・・」

三門の口腔砲台から次々に繰り出される罵詈雑言の嵐。
もともと、その前のやり取りがキッカケで、私の心は深く傷ついていたというのに、少しの反撃を試みたがために(その反撃方法がマズかったのだが)集中砲火を浴びる結果を招いてしまったのである。

e-0387.JPG

私は半泣きになりながら、その猛攻に耐えつづけていた。
それを見かねた相方が、

「分かった分かった。あたしが悪かったよ。ほれ、泣くな。」
と、手を差し伸べてくれたのだった。

まさに、マッチポンプ的手法である。
モラルハザードと呼んでもおかしくないほどの、悪質な手口である。

しかし私は、なにか釈然としないものを感じながらも、まんまと術中にはまり、つい、いつものクセで相方の二の腕にすがりついていた。

e-0388.JPG

「女3人寄れば姦しい」というより、
「女3人寄れば恐ろしい」と思い知らされた事は言うまでもない。

|

« 行商開始。 | トップページ | またノミネートされちった! »

コメント

 こんばんは、書籍へのノミネートおめでとうございます。

 ──ですが今回の記事は「日常の話」というよりは「相方さんの話」じゃないですか(笑)。
 お二人の話を読む度、良い女性というのはそれこそ本文中でそんちょさんが仰っている「釈然としない事」を納得させる人の気がしてきます。
 逆に女性の方から見た「良い女性」ってどんな人なんでしょうね。一度相方さんに聞いてみては?
 
 
 

投稿: 303E | 2004/11/30 00:01

すっげかいつまんで書かれるとひでえ女だ(笑

でもさ~
ちょいと脚色多いんでねえのかなあ~
自分で言うのもなんだけど
ちょっとはいい話したと思うんだけどなあ~
書きにくいだろうけどさ~
ぶつぶつ…

投稿: 相方 | 2004/11/30 00:04

かいつまみすぎなのか、脚色が多いのかは
わかりませんが(両方なら当時の原形を
        とどめていないことになるな)、
なんというか…おつかれさまでした(笑)

投稿: ゆう | 2004/11/30 00:28

なんとも「仲睦ましい」と云うより
「仲ムツカシイ」ですなぁ。
そんちょさんの心中お察し致します。

(備考)女3人でカシマシイ。
    男3人ならイヤラシイ。…ン?

投稿: はぁちゃん | 2004/11/30 00:44

いやいや、相方さん、全然「ひでえ女」じゃないですよ。素敵です。

おまけに最後はちゃんと慰めてるじゃないですか。「いい女」だなあ~うらやましいなあ~

投稿: Reiko Kato | 2004/11/30 04:03

その一言が、術中発句って感じですね。
しかし、二の腕はいい。あのプニプニ感が。
結局、脚色なのかかいつまんでるのか、私にはよくわかりませんが、どうせ脚色なら、土建屋社長が厠へ立った5分後に、断末魔が聞こえて、駆けつけてみるとそこにダイイングメッセージが・・・って展開に・・・すみません。
まぁ、脚色もかいつまみもそんちょさんの文章力。その文章力がノミネートに繋がったわけで。20日、楽しみにしてます。

投稿: テツヤ | 2004/11/30 08:59

なかなか楽しくて「有意義な」席だと思ったのに、わが弟はそのように取っていたとは・・・・未熟な男よ、わははは!
「相方」ちゃん、楽しかったね~また飲もうね~!続きのお話も・・・・・なんだかそんちょの部屋のほうから殺気が・・・・(笑)

投稿: 編み助 | 2004/11/30 09:33

相方さん、格好良いです♪実は、ファンです。
凄いです。
そんちょさんも、格好良いです♪
…わたしがこんな事言っても全然凄くないですねー
お二人とも、仲が良くて凄く羨ましいですっ
うんうん。

ではでは、とても幸せそうな(?)記事でした、どうもですー

投稿: るるが | 2004/11/30 20:03

>303Eさん
相方は、私なんかにゃもったいないほどのイイ女ですよ。
・・ちょっと怖いのが玉にキズですが・・(ボソリ)。

>相方
そうかあ~?
しっかり落とされまくったような気がすっけど。
ごめんね。

>ゆうさん
いや、基本的に「あった事」を書いてるんですけどねえ・・。
コソコソ・・。

>はぁちゃんさん
ムツカシイッスねえ~。(笑)
いや、ホント。

>Reiko Katoさん
はい。
まさに「ムチとローソク」・・じゃなかった「アメとムチ」ですな。

>テツヤさん
「術中発句」・・ああ~!
その方が良かったなあ!
遅かった!
ナイスセンス!

> 編み助
うっせー。

>るるがさん
そうかなあ~。
そんなにカッコイイかなあ~。
もっと言って。

投稿: そんちょ | 2004/12/01 16:30

↑の「ごめんね。」っていうそんちょサンの相方サンへの一言がいいですね。
なんか、円満の秘訣というかそんちょサンの人柄というか、垣間見た気がしました。

投稿: テツヤ | 2004/12/01 19:18

いえ・・
早く謝らないと大変なことに・・。
(なんつって)

投稿: そんちょ | 2004/12/02 23:17

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/2107066

この記事へのトラックバック一覧です: 術中八苦(じゅっちゅうはっく):

« 行商開始。 | トップページ | またノミネートされちった! »