« 凛々しいお姿 | トップページ | ハウルの動く城は、速かった。 »

お好み焼きは語る。

鉄板の上には2枚のお好み焼きが並んで焼かれている。

一枚は真円に近い、あまりに美しい円盤形をたたえるお好み焼き。

もう一枚はみすぼらしく、破れ、朽ち果て、一目ではとてもお好み焼きとは呼べないような奇怪な物体であった。

事件は、一度目の「ひっくり返し」時に起こった。
具をかき混ぜ、鉄板に乗せる時に、あまりにも大きく広げてしまった私は、ひっくり返しきれなかった。
生地は空中でくの字に折れ、鉄板にたたきつけられたそれは脆くも凄惨に分解し、眼前に、累々たる屍山を築いたのであった。

e-0350.JPG


お好み焼きというのは、失敗の許されない食べ物だったのだ。
一度失敗すると取り返しは到底つかず、焼き上がり、食べるその瞬間まで鉄板上に
「不器用でトロイ動物」
という事実を刻み込まれる事になるのである。

しかも、お好み焼きは一度失敗すると、どこまでも状況は悪化する。
ひっくり返すたびにボロボロになってゆく。
鮮やかな手際の相方と、最初でしくじった私のお好み焼き格差はまさに広がるばかりであった。
食べる前に、私は憔悴しきっていた。

そこで相方が言った。

e-0349.JPG

そう。
その通りなのだ。

お好み焼きというのは、食べる段になるとどちらにしても切り分けてしまう。
ここに至ると、途中の失敗はほぼ帳消しになってしまうのだ。
見てくれこそ悪いものの、私のお好み焼きも、ソースやカツオブシやアオノリなどをかけると、たちまち立派なお好み焼きになってしまったのである。

たとえ、途中で失敗してしまって、それが取り返しのつかないことでも、最後には文字通り丸く治めてしまう、非常に懐の深いところもお好み焼きの良いところだ。

「人生は、諦めなければやり直せる。」

という事を、語らずに味をもって教えてくれる食べ物と言ってよい。

|

« 凛々しいお姿 | トップページ | ハウルの動く城は、速かった。 »

コメント

最後にありがたい訓辞(?)がありましたが…
微妙にノロケネタ連発ですか?

投稿: ゆう | 2004/11/21 23:43

某国の工作員がお好み焼きを……。
前日の記事と合わせて笑わせて頂きました。
して、そんちょさんの地元ではやはりお好み焼きは単品で食べるのでしょうか。
普通に御飯と食べる地方に住んでる身としては気になる所です。

投稿: 303E | 2004/11/22 00:09

ひっくり返す瞬間、本当に緊張しますね。
相方(いまはいないけど)の目の前でひっくり返すときなんて、メンツとプライドとこれからのお付き合いのあり方、すべてを賭けた一世一代の勝負!みたいな気合の入れ方です。

もんじゃ焼きの土手を作って液体を流し込む瞬間もおんなじよーな心境ですね。

・・・ああ、お好み焼き欲がふつふつと沸いてくる!

P.S.
うちの近所のお好み焼き屋さんはお店のマスターが焼いてくれるので失敗はないのです。1人で入るのもOKな雰囲気でグッジョブなお店です。

投稿: はせ | 2004/11/22 08:11

直径20㌢、高さ3㌢ぐらいの円形を作って辛抱強く焼くのがベストっぽいです。ちょっと高すぎかなーってぐらいでよいみたいです(経験談)。
しっかり火が通ってたら、ぽふっとひっくり返せまっせ。

おいらもたまにはノロケたい。

投稿: たい | 2004/11/22 08:43

>ゆうさん
ハイ。
私も「これはどうかな?」とは思ったのですが、相方ネタ連発になってしまいました。
次に催しているネタも、もろにノロケなので、これはひとまず後回しにして、違うネタをいくつか挟みたいと思います。

>303Eさん
ご飯と一緒にって人は少ないような気がします。
お好み焼きと、ヤキソバとか。
結構、お好み焼きだけでお腹いっぱいになっちゃいませんか?

待ってる間に「つなぎ」でポテトくらいなら頼みますが・・。

>はせさん
そうなんスよ。
ひっくり返しは、「見せ場」でもあり、緊迫の「勝負」でもあるのですね。
最近の戦績は、2勝1敗です。

お好み焼きは、上手い人が焼くと本当に美味しいですからね。
一応、いつも行く店でも、お願いすれば店員さんが焼いてくれるようですが、万が一、店員さんが壊したらどうするんだろう・・。
と不安になってしまい、いつも自分で焼いています。
(まあ、失敗はしないのでしょうが)

>たいさん
ナイスアドバイスです。
その時、私の円盤は、「直径25cm、高さ1.8cm」くらいでした。
薄すぎますね。
経験不足と、油断がモロに出ました。
そういえば、あまり火も通っていなかったような・・。

全然ダメだべや・・!

投稿: そんちょ | 2004/11/22 08:54

『甘いのだよ。』

…余はお好み焼き支配者、つまり“The ruler of お好み焼き”である。 直径25㎝の円盤で狼狽えるようでは、お好み公国の支配者たる資格は無い。

「食べれば一緒」 ふふ、そこが甘いというのだよ!具と粉と水分から成る、諸部族間の不和を「かき混ぜ」行為によって、程良い空気を送り込み、ふわふわサクサクの食感、つまり諸部族の対立を中和させる…ここ迄は良いだろう。

しかし公国の支配者たる者、公国民の健全なる生活を守る必要がある。貴公はその平和を、自らの狂気により打ち砕いたのだ! 要するに、最後には支配者たる威厳を取り戻していたとしても、お好み公国を安泰にさせたという満足感、そして何より「公国の質」が違うのである。

貴公、支配者として君臨すべく、精進召されよ。

投稿: めめんともりりん。 | 2004/11/22 16:50

やはり、帝王としての自覚が不足していましたか・・。

朕もその事実を厳粛に受け止め、先日、書店より「帝王学の初歩」、「帝王学入門」、「はじめてのていおう」、「おかあさんといっしょ:さんさいからのていおうがく」などを購入し、熟読中である。

下民、賤民どもを、我が軍靴のもとにはべらすべく、日々邁進するであろう。
(ホラ!帝王学の効果が、もうこんなに!)

投稿: そんちょ | 2004/11/22 18:28

ふむ。よかろう…。

貴公には『お好み公国・公王』としての素質があるようだ。
人の上に立つ者としての心得を、努々忘れるでないぞ!


(っていうか、焼き方上手になってくださいネ~♪)

投稿: めめんともりりん。 | 2004/11/22 22:22

ていおう は おこのみやきを かえした!
しっぱい!
ていおう に 259のダメージ!
ていおう は おちこんだ!

投稿: たい | 2004/11/23 10:39

めめんともりりん。が おこのほいみ をかけた!

しっぱい!
めめんともりりん。が おこのべほいみ をかけた!

ていおう の おちこみ が 235かいふくした!
ていおう は たちなおった!

投稿: めめんともりりん。 | 2004/11/23 14:27

おお!
ていおう!
しんでしまうとはなにごとだ!

投稿: そんちょ | 2004/11/23 14:54

そんちょさん、ていおう しんでませんって!

「おこのべほいみ」かけておきましたから!
だいじょうぶッス!

投稿: めめんともりりん。 | 2004/11/23 15:21

これ読んで、「明日のお昼、お好み焼き食べたーい」とメール。
今日行ってくる。ところが、はずみで「トンペイ焼き定食」なるものを注文してしまう。
やって来たのは、ご飯とみそ汁・チョコッとだけサラダと、一人分の鉄板状入れ物に入った「トンペイ焼き」らしきもの。
「これ、お好み焼きちゃうみたいやねー」と言いつつ食す。

相手ですかー?息子ですよー。大蔵省(古い)つきだから連れていってくれたんだ、悪いー?

投稿: | 2004/11/23 17:46

>めめんともりりん。
はい。
つい「ドラクエ1」の名台詞を書きたくなってしまって・・。

>涼さん
浮気者!

投稿: そんちょ | 2004/11/24 01:17

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/2026939

この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼きは語る。:

« 凛々しいお姿 | トップページ | ハウルの動く城は、速かった。 »