« 楽天からの誘い | トップページ | もらいたくない。 »

「解禁」は甘い響き

e-0344.JPG

つい昨日。
2004年度の「ボジョレ・ヌーボー」が解禁された。

なんでも、ボジョレ・ヌーボーというのは、毎年11月の第三木曜日が全世界的に解禁日となっているそうで、なんでそんな事をわざわざ決めるのだろうかとつらつら調べたところ、どうやら原産国のフランスで「その年もよいブドウに恵まれた事を感謝して、いち早くワインにして飲もう祭」が開催され、それからなんでかそれに添った法律が出来たとの事だった。

・・まあ、極めて解説チックな文章で恐縮なのですが。
私も、つらつらと調べただけなんで、別にソムリエを目指しているとか、血液がワインで出来ているとか言うことはないのであらかじめご了承ください。
 
 
毎年、このボジョレ・ヌーボーは、大々的に宣伝され、ネコも杓子もヌーボーになる。
ヌーボーは上手い。
「美味い」ではなく、「上手い」のだ。

まず、「解禁」という響きが上手い。
「解禁」という言葉は、「限定」のそれと同じく、日本人の心の琴線を激しく掻き鳴らす。
全然知らない人が、知らない理由で、知らないうちに決められた「禁」だというのに、「解かれた」という話を聞いてしまうと、全然関係無いのに、なんとなく
「あ、んで、飲まなきゃ。」
という心理が湧き上がってしまう。
それどころか、
「飲まないと、損な気がする。なんでかは知んねーけど。」
という気分になってしまうのではないか。

「なんでかは知んねーけど、お得な感じ。」
が、ボジョレ・ヌーボーの価値を大幅に押し上げている気がしてならない。
 
 
そして、「優越感の隠し味」も、その価値を大幅に押し上げているのではないか。
全世界的に「11月の第三木曜日」と決められているため(なんでかは知んねーけど)、時差の関係で日本が本場のフランスよりも8時間くらい先に解禁日が来るのだ。

つまり、
「本場のフランス人よりも、オラたちの方が早えーべ。こりゃ飲まなきゃなんね。飲んで、フランス人さ一泡吹かしてやんべ!」
という、
「わずか8時間の優越感」
が、ボジョレ・ヌーボーの価値を決定付ける大きな要因の一つとなっている気がする。

ボジョレ・ヌーボーは上手い。
消費者の購買心理を上手く突いている。
だから、毎年今年のヌーボーはどうだとか、みんなで集まってボジョレーすっぺとか、そういう騒ぎが起きるに違いないのだ。
  
 
ボジョレ・ヌーボーが「美味い」のかどうかは、酒の飲めない私には永遠に分からない事であるが、新酒のお祝いという行事は実に微笑ましいことであるし、宇宙から俯瞰して、11月の第三木曜日に限り、移動する日付変更線が紅いワインに染まっているなんて、なんとも素敵なことではないか。

私も、せめて紅茶で新酒の解禁を共に祝いたいと思う。
かんぱーい。

|

« 楽天からの誘い | トップページ | もらいたくない。 »

コメント

そう。

しかも、ボジョレー解禁は、上手い具合に毎年、ほぼ僕の誕生日(11/18、…あのミッキーマウス、渡辺満里奈とも同じ)と重なるワケなので、飲まずにはいられないのです。
(今年は、”ドクターストップ”かかってますから、飲んでませんがw)

…しかしながら、ボジョレ・ヌーボーが「美味い」のかどうかは、何度飲んでも、僕にはよくわかりません。
「ワインだ」ということだけは、かろうじてわかります。

(一緒に飲む相手によりけりですが)少なくとも、美味しい”気”はしますw

投稿: たろー | 2004/11/19 14:57

本当に「解禁」とか「限定」という言葉は魔法の呪文のようでございます。
私は「限定○○個! あと○個です!」という言葉だけで「大変だあ!」と別にその一瞬前まで欲しいとも思わなかったものを買ってしまいます。
私もお酒はダメなので、ボジョレー・ヌーボーがおいしいんだかなんなんだか一生わからないで過ごす運命です、トホホ

投稿: じゅじゅ | 2004/11/19 18:27

酒か…
飲めねぇンだよな…
俺も…フン

投稿: はぁちゃん | 2004/11/19 20:13

>たろーさん
たろーさんがあの世界的有名鼠と同じ誕生日だったとは驚きです。

あまり、ヌーボーは「すっげ美味しい」という話を聞いた事が無いのですが、実際のところはどうなのでしょうねえ?

>じゅじゅさん
え?
じゅじゅさんって、お酒ダメなんですか?
ちょっと意外。
もんのすご~く優雅に楽しんでいそうなイメージがありました。

やっぱ、ほうじ茶スか?
私もほうじ茶大好きです~。
あのしみじみ具合がたまりません。

>はぁちゃんさん
兄ィも飲めないんスか!?
ホント、意外!

投稿: そんちょ | 2004/11/19 21:10

初めまして。
結城コウジといいます。
いつも楽しく拝見しています。

確か、美味しんぼか何かで、ボジョレーはお祝いするためのワインで、無茶苦茶美味しいモノでもないとかあったような気がします。
僕もワインは飲めないんで、味とか分からないですけど。

では、これからも更新頑張ってください。
また書き込みとかさせていただきますね。

投稿: 結城コウジ | 2004/11/19 22:13

あぁ…半ば無理矢理買わされましたなぁ。
ボトルキャップのオマケ付きで(笑)
所によってはフランスパンがオマケに付いたとか…

投稿: ゆう | 2004/11/19 22:58

(たしかですが・・・)
ボジョレーヌーボーの味で、その年のワイン(ぶどう)の出来が
「美味い」かどうかを判断します。
だから、ボジョレヌーボーが必ず「美味い」というわけでは
ないと思われます。

ただ!出来立ての「フレッシュ感」と「香り」は、毎年中々のもの。
って、今年は禁酒中で飲めないんですよぉ・・・(涙)

投稿: fanshen | 2004/11/20 00:01

>結城コウジさん
結城コウジさん、はじめまして~。
>美味しんぼか何かで、ボジョレーはお祝いするためのワインで、無茶苦茶美味しいモノでもないとかあったような気がします。

ああ・・山岡さんがそんな事を言ってましたか。
(海原さんかも知んない)
っつーことは、アレですね。
「縁起物」ってことですかね?
私も飲めないので分かりません・・。

>ゆうさん
フランスパンを漬して食べるんですね。
って、お煎餅じゃないんだから。

>fanshenさん
あれ、まだ禁酒中でしたか。
どうも、ウチの常連さんは飲めない方が多いようなんで、fanshenさんには頑張って欲しいものです。

でも、体は壊さぬようにして下さいね。

投稿: そんちょ | 2004/11/20 00:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「解禁」は甘い響き:

» ボジョレ・ヌーボー [hiropoNET]
最近ボジョレ・ヌーボーが解禁になったみたいですね。木曜日、TBSの朝のニュース番組「ウォッチ」のお天気コーナーで言ってました。朝っぱらから木村郁美と小林麻耶が乾... [続きを読む]

受信: 2004/11/20 01:36

» ボジョレー・ヌーボー [つれづれblog]
今年もボジョレー・ヌーボーの季節がやって来た。 といっても、私はそれほどワインに [続きを読む]

受信: 2004/11/21 09:00

« 楽天からの誘い | トップページ | もらいたくない。 »