« 「女性圏」で遭難す。 | トップページ | チョコレート・センス »

人には言えない愉しみ。

e-0312.JPG

人間誰しも、「人には言えない愉しみ」というものがあるはずだ。

あるでしょう?
無いとは言わせませんよ!
あるんです。
一見、公明正大で、清廉潔白で、才色兼備で、聖人君子なアナタにも、必ずあるのです。

もちろん、私にもある。
コーメーセーダイで、セーレンケッパクで、サイショクケンビで、セージンクンシじゃない私など、まさに「人には言えない愉しみ」の宝庫である。
デパートならぬ総合商社である。

まあ、自慢にはなりませんがね。
 
 
 
・・人間というものは、実に不思議な生き物である。
「やっちゃいけない、やらない方が良い」
と、分かりきっている事なのに、ついやってしまう。
やってしまってから傷付き、後悔し、反省する。
反省しながらも、また同じ事に出くわすと、ついついやってしまう。
とても、地球上でもかなり上位の脳みそを持つ動物とは到底思えないような行動を見せてしまうのである。
 
 
 
ある日の事。

私は、何気なく左の頬を撫で、そこに奇妙な違和感を感じた。
やや柔らかい頬の肉の一部分が、隆起し、指先に引っかかるほど硬くなっているのである。
「あ!まさか!」
私は、まるで産婦人科にでも行くかのような心持ちで、部屋に飛び込み、手鏡を取り出した。
「・・出来てる。」
そこには、私の体内の余分な脂分を吸収して作られた、紅く染まった皮膚の隆起に、白濁色に輝く頂点。
「吹き出物」
が、その姿を現していたのである。

そうかそうか。
そういえば、この頃ちょっとチョコレートを食べ過ぎてたっけ。
出来た原因までハッキリと思い出し、愛しさがいや増す。
思わず、
「でかした!」
と声を掛けてやりたくなるような衝動にさえ駆られてしまうのだった。

しみじみと、その新しい吹き出物を眺める。
昨日までは確か無かったはずの吹き出物。
と言う事は、昨晩、寝ている間に急激に作られたものだろうか。
急造にしては、色、ツヤ、大きさ、脂分のたまり具合ともに申し分ない傑作である。
指の先端で、壊さぬよう、破らぬようにサラサラと撫でてみる。
ピンと張り詰めた先端の薄皮は、内容の充実を雄弁に物語っている。
まさに、干渉した瞬間に出てしまうような危うさに、身震いすら覚えてしまう。

しばらく、鑑賞した後に、私はいよいよ「出産」の準備に取り掛かる。
ティッシュを一枚用意し、左の人差し指と中指で吹き出物を挟み込む。
軽く挟んでみると、先端の白濁はいよいよ照りを増し、誕生の瞬間を待ちわびているかのように見える。

しかしこの時。
私はいつも一瞬躊躇する。

私の中の天使がささやきかける。
待て待て。
そもそも、吹き出物とは、潰さないで引っ込むのを待つのが上策ではないのか。
潰す事で、痕が残るかも知れないし、そこから雑菌が侵入して化膿するということも十分に考えられるのだ。
そうだ。
潰さない方が良い事だらけだ。

しかし、反対で悪魔が冷静に諭す。
おいおい。
その吹き出物は、放っておくと消えてしまうのだぞ。
「吹き出物」というのは、天からの「引き出物」だぞ?
せっかく授かったものを、みすみす見逃してしまっていいのか?

e-0313.JPG

意味不明かつ支離滅裂な悪魔の説得に、何故か建設的な意見を見た私は、出産を決意した。
(大抵悪魔が勝つんだけどね。)

いきんでいきんで!

プチュッ。

ぎゃ~~~~~~~~~!!!!!

ホホに焼き箸を押し付けられたかのような激痛があったが、幸いにも安産であった。
さほどいきむ事も無く、玉のような白濁の脂のカタマリを産み落としたのだった。

自分のホホを傷めて生んだ脂のカタマリは、実に可愛いものである。
出産後のホホから流れる血をティッシュで押さえながら、私は指先にくっついた脂のカタマリをコネたり、伸ばしたりしながら母になった喜びを噛み締めていた。

そう。
鼻くそや、目くそ、耳くそなどよりも、吹き出物から出た脂のカタマリは、自分の体を傷めて生み出す分、同じ老廃物と言えども、次元の違う愛おしさがあるのだ。

吹き出物を潰すというのは、恐らくはしたなく、恥かしい事である。
誰かに潰してもらったりはあまり出来ない。
そしてまた潰して欲しくない。
「潰さない方がいい」と分かっていても潰してしまう、孤独な背徳の宴であり、尊い誕生の儀式でもあるのだから。
 
 
 
ただし、あれほど愛おしかった脂も、数分後に飽きて捨てられるのは、鼻くそ、目くそ、耳くそと同様である。

|

« 「女性圏」で遭難す。 | トップページ | チョコレート・センス »

コメント

ああ、刹那の喜び ここに極まれり!

無惨よなー、恍惚の跡。

投稿: | 2004/11/08 22:57

シミになったりしちゃうんですよねえ~・・。

投稿: そんちょ | 2004/11/08 23:28

私もあの快感の虜です。
人様の顔の吹き出物すら潰したい衝動にかられてしまいます。
ああああ、同じ趣味だったなんて! ウットリ

投稿: じゅじゅ | 2004/11/09 01:01

ということは、ダーリンさんはブチブチやられているわけなのですね・・。

ウットリ(?)

投稿: そんちょ | 2004/11/09 06:56

なるほどぉ、そういう意味があったのかぁ。
うちの奥さんが人の顔や背中にできた吹き出物をつぶしたがるからなぜかなぁと思ってたのですよ…( ´・ω・`)

投稿: Akkey | 2004/11/11 00:47

それは、愛情表現ですよ!
ヒューヒュー!
アツイぜ!お二人さん!(?)

投稿: そんちょ | 2004/11/11 08:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/1902762

この記事へのトラックバック一覧です: 人には言えない愉しみ。:

» 吹き出物 [ごろねの魔女]
チョコレートがかかせない。 ちょっと甘いもの、というとき。 疲れたとき。 イライラしたとき。 チョコレートを食べると、なんだか落ち着く。 年頃の娘もニキビ... [続きを読む]

受信: 2004/11/17 10:39

» 【オススメblog】「言戯」 [ガンジス川のほとり〜ガンジーblog]
【オススメblog】「言戯」 今日は「オススメブログの紹介」という形で,ファンレターを書こうと思います。 ・言戯(ことざれ) 昨晩,「面白いサ... [続きを読む]

受信: 2004/12/11 13:03

« 「女性圏」で遭難す。 | トップページ | チョコレート・センス »