« 地下鉄に揺られて | トップページ | 暑さに任せて »

私の見た「七夕」

e-0113.JPG


今日は8月7日。
昨日、今日、明日と、全国的にも有名な、「仙台七夕」が、仙台駅西口のアーケードなどで盛大に催されている。

仙台七夕というと、毎年不思議なくらい雨に見舞われていたのだけど、今年はどうも流れが変わったらしく、天気がとても好いみたいなのだ。

宮城に住んで、もう四半世紀になるが、実は仙台七夕を観に行ったのは過去に二度くらいしかなかった。
小学生の頃に一度、中学生の頃に一度。
それ以降は、とにかくあの人ごみが嫌で、近づきさえしなかったのである。

今年は相方がいるので、ちょっくらデートがてら行こうかなあ~・・と思っていたのだけど、都合が付かなくて結局行けなさそうで諦めていたのだ。
しかし、夕方になって急に都合がついたので、急いで相方に電話したのだが、

「え?寿さん、行けないって言うから、あたし、一人で行ってきちゃったよ。」

ええ~!
なんというタイミングの悪さ。

それでも、一緒に行ってくれると言われたのだが、なんだか2度も行かせるのも悪いし、こっちの行く気もすっかり萎えてしまったので、グダグダ迷った末に何故か私が渋々行くという具合になってしまい、相方には本当に悪い事をしたと反省しきりな出だしだったのだ。


実に久しぶりに来た七夕は、前回(15年くらい前)と比べると、当然だが大規模になっていて、人出も多かった。
8月の夏の空気は、独特の湿気を含んで全身まとわりつき、道端で少年達が食べているヤキソバの匂いが鼻についた。

歩行者天国となった常禅寺通りのパレードでは、様々な出し物が演じられ、ギンギラギンの織姫と彦星がぎこちなく
舞っている。
多分、バレエか何かの踊り手さんだと思うのだけど、音が反響する街中では踊りづらいだろうなあ・・とか、ああいうところで踊るってのはどういう気持ちなんだろう?などと思いつつも、すっかり気分は七夕になっていた。

アーケードの中は、とにかく人、ひと、ヒト。
光のチューブの中を人の濁流がゆっくりと動いていて、そこに垂れ下がる柳のように、七夕飾りがくるくる回っていた。

浴衣姿の女性は、風雅な歩き方を披露する余裕も無く、大股で闊歩し、色黒の兄ちゃんは「だりい~・・」と言わんばかりの表情でダラダラ歩く。
子供は、こういう場でなければ、絶対に手にしないであろう意味不明のオモチャ(何故かビカビカ光るモノが多い。)を手に、顔を紅潮させている。
その親御さんは、子供たちを必死にまとめながら、七夕飾りを盗み見し、お年寄りは、飾りを見るか、ぶつからないように歩くかの二者択一を常に迫られていた。

ところどころで、流れを分ける杭のように、商人達がこの機を逃すまいと、呼び込みに奮闘していて、両端には出店が並び、流れる人に手を伸ばしている。

人は沢山いるけど、立ち止まれない雰囲気が充満していて、出店はボチボチ人がついていたけど、そうでない普通の店はいたって空いていて、店員さんが目の前を流れる大群を眺めていた。

それにまぎれて、キリスト教の布教活動も行われていた。
高いカンバンをもった信者の方が、飾りを次々になぎ倒し、店の人に捕まって怒られていた。
事の顛末を見物していようかと思ったが、悪趣味なのでやめる。


アーケードから外れたところでは、テキ屋さんが出店を出していて、ヤキソバ、タコヤキ、リンゴ飴、チョコバナナなど、定番の品物が並んでいるのだが、こちらもあまり買っている人は見受けられない。
通ったのが20時過ぎだったので、もう、ピークは過ぎていたのかも知れないが。

歩道の反対側では、若いカップルが座り込んで、疲れ果てた表情で、ひとつふたつ、会話を交わしている。

七夕の一日目の喧騒は、収束に向かっているようで、私たちも、途中でお茶を飲んだ以外は祭りの空気を満喫したくらいにして、早々に引き上げてきた。

「非日常」に、自発的に赴くのは久しぶりであったが、これはこれで楽しく、発見も沢山あった。
今年は、例年以上に人出が多いそうだ。

このまま好天で、事故や事件も無く盛況のままに終わってくれればいいな。
と思う。


七夕は楽しかった。
でも・・疲れた~・・!

|

« 地下鉄に揺られて | トップページ | 暑さに任せて »

コメント

> グダグダ迷った末に何故か私が渋々行くという具合になってしまい

あぁこれはいかんですな。
わらしもタマにやっちまうのですが、もっとシンプルにいこうと猛省しきりです。

にしても、最近のまつりはどこも同じ風景ですね。
祭りの目的もメインもまったく違うはずなのに、それを取り巻く風景はどこも同じ…。
それに乗ってお決まりのようにリンゴ飴買おうかどうしようか迷っているオヤヂです。

投稿: Akkey | 2004/08/07 17:55

はい。
これは我ながら悪かったと思って、「ごめんなさい」しましたです。

ダメだなあ。俺。

祭りは、そうかもしれません。
世の中良くも悪くもスピードアップして、同じ面子が祭りを運営し、また、祭りにきているのかなあ・・と思ってしまうくらいです。

多分、違うでしょうが。

投稿: そんちょ | 2004/08/07 21:11

Akkeyさん、こんばんは。おそらくはじめまして。
祭って確かにどこでもそう大差ないものが並びますね。

私もそう言いつつもリンゴ飴に迷います。
さらに姫リンゴ飴で無難にすますか、普通のリンゴサイズに挑戦するか
で、迷います。
結局途中で味に飽きるだろうなあ・・ということで
買わない28歳です。

書いてて思い出しましたが、以前屋台で大判焼きを買って
食べたら中身が入っていなかったことならあります。
空洞でなくて、みっしりと小麦粉でした。

投稿: 相方 | 2004/08/07 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/1140598

この記事へのトラックバック一覧です: 私の見た「七夕」:

« 地下鉄に揺られて | トップページ | 暑さに任せて »