« 目と鼻と耳と | トップページ | いつもさみしい。 »

156テレフォンの男

いちいちそうなんだが、間が悪い。

狙いすましたかのようなバッドタイミングにぶつかってしまう事がしょっちゅうである。

何故なのだろうか。
その事について考えてみたのだが、大体において、生まれた日にちからして何となくバッドタイミングである。

1月23日。

ワンツースリーで覚えやすいと言えば覚えやすいのだが、チンチロリンという博打で言うと、「ヒフミ」となり、「倍払い」なのである。
だからなんだと言われれば当方には一言も無いのだが、何となく

「払わなくていいものを、倍払ってしまうような人生」

という暗示が付いて回っているようで、バッドタイミングな気がするのだ。
 
 
 
日常において、己の「タイミングの悪さ」を計る、もっとも分かり易いバロメーターが、「電話の着信タイミング」ではなかろうか。

どうしても手が離せない時に限って、よく電話が鳴る。
と言う人は、少なからずいると思う。

当然、私もその一人であり、その中でも群を抜いて「どうしようもないタイミングで来る。」という、ある意味選び抜かれたバッドタイミングの精鋭だと自負している。

例えば。
自分以外の家族が不在で、トイレに入って(またクソネタか?とは思わないで欲しい。)、構えている時。

鳴る。

ほぼ、8割の確率で鳴るのだ。

そうなると大変である。
てんやわんやの大騒ぎである。
驚天動地である。
取るものもとりあえず、拭くものも拭かず(いや、拭くけど。)ズボンをズリ下げたまま、自然に小股で電話に猛ダッシュする事となるのだ。

だから、最近では子機を持ち込み、落ち着いた雰囲気で用を足す事にしている。
しかし、子機を持ち込んで、要件を書き留めるメモなども持ち込み、万全の体制を整え待ち構えていると、これがまったく鳴らないのである。

そこでは鳴らないくせに、うっかり子機を持ち込むのを忘れると、やはり8割の確率で鳴るのである。

そこには、タイミングの神様の悪意が満ち満ちている気がしてならない。
 
 
 
さらに例えば。

入浴中である。

これがまた鳴る。
誰もいない時は勿論、いても鳴る。
いる時に鳴るのは良いじゃないかと思うかも知れないが、そう言うときに限って相方からの電話なのである。

私は決して風呂が長いほうではない。
せいぜい長くて10分である。

だと言うのに、その時間帯を狙ったかのように、ほぼ毎回入浴中にかかってくるのだ。
わざわざかけてくれたのに、毎回入浴中では悪いと、入浴の時間帯をズラしてりもしているのだが、それでもどういうワケか必ず入浴中にかかってくるのである。

もしかして、相方は私が知らぬ間に風呂場にピンホールカメラを設置していて、私が入浴したのを確認してからかけているのではないかと、かなり無理な勘繰りをしてしまうほど、タイミングが悪いのである。
 

e-0152.JPG

 
まあ、そこまでなら割と良くある事かも知れないが、極めつけは

クシャミが出そうでムズムズしている時に、電話がかかってくるという事であろう。

「へ・・へ・・」

プルルルルルル。

「へえ・・」

プルルルルルル。

「へえ・・」

出ねえ!!
電話には出なきゃならんのに、クシャミは出ない。
焦れば焦るほど出ないのだ。

出たら出たで

「はい、もしも・・エーッキシ!!とくらあ!べらんめえ、バカタレがあ!」

と、一連のクシャミに対する挨拶を相手に聞かせる事になってしまうのである。
それはどう考えてもまずい。

後半の
「べらんめえ、バカタレがあ。」を言わなければ良いじゃないかとおっしゃるかも知れませんがね。
それが出来れば苦労はしないのですよ。

もう、ここまで来ると、

「本当に俺って、間が悪いなあ・・」と、苦笑する他ないのである。

以上のように、自分が間の悪い人間か、そうでないかは、電話の着信によって計れるのであり、「世界バッドタイミング組合(I・B・A~イバ~)」ではそれを数値化した。

タイミングの悪さの単位を「~テレフォン」とし、国際基準として定めたのである。

ちなみに、日本の一般的な成人男性の「バッドタイミング値」は、平均64Telであるのに対し、私のそれは156Telである。
これは、東北ブロックで2番目、全国では51番目、世界では320番目のバッドタイミングランキングに入賞しており、今、もっとも成長著しい注目株として、世界中の関心を一身に集めているのである。

どうせなら、たとえマイナスの特徴でも、男なら天下一を目指すのが常道であるから、今後もより一層の精進を胸に誓わずにはいられない今日この頃である。

|

« 目と鼻と耳と | トップページ | いつもさみしい。 »

コメント

何だか面白いですね。最後まで読んでしまいました。
昔電話コードを長くしてもらってトイレに持ちこんでいた時があります。

投稿: maida01 | 2004/08/29 17:31

あ、maida01 さんも高テレフォンなのですか?
本当に、タイミングが悪くてやんなっちゃいます。

投稿: そんちょ | 2004/08/30 07:59

「ヒフミ」 今の寿さんからは出なさそうな
言葉だなあ。(笑)

投稿: Q@N デイリーさくら | 2006/11/12 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/1278260

この記事へのトラックバック一覧です: 156テレフォンの男:

« 目と鼻と耳と | トップページ | いつもさみしい。 »