« 戦う女性はカッコイイ。 | トップページ | 港で君と »

相方の友。

昨日の事。
いつものように仕事をこなすため、厨房に向かったところ、母が私の姿を見てこう言った。

「あれ?あんた、今、彼女来てるんじゃないの?」

はあ??

私のウチは山深いところにあって、バスの通りもほとんど無く、来るためにはマイカーが要るという素晴らしい立地にあるため、クルマやバイクの免許を持たない相方は来られるはずもないのである。

「喫茶スペースに入ったみたいだよ。行ってみな!」

と言われたので、一応そちらに向かうことにする。

カラカラカラ・・。

e-0130.JPG
いた。

どうやら、高校時代の同級生二人と久しぶりに会って、ウチに遊びに来たらしい。

挨拶がてら、相方に

「君は、いつも突然来るねえ。」

と言ったところ、

「嬉しいくせに、素直じゃないなあ。」

と返される。

「うん。嬉しいよお。」

と、軽くバカップルっぷりを見せ付けて、しばらくお話する事にした。
 
 
  


友達二人のうち、一人は以前にも面識があった。

ウノさん。
2年前、初めて相方(当時はメール友達)がうちに来た時に、乗せてきてもらった人がこの方だった。
確か、美術品の修復とかを生業としていて、実に物知りで、好奇心に満ち溢れているお人である印象を受けた。

「ウノさん、以前にも来られましたよねえ?お久しぶりです。」

「わあ。覚えててくれたんですかあ?お久しぶりです。トシさん、前よりも、ちょっとカッコよくなったんじゃないですかあ?」

「うははははは!そうですか!?よく言われますう!」

音速で有頂天に駆け上る私。

ウノさん、いい人確定。

そこですかさず相方が

「コイツ(寿)はね、おだてるとすぐに自分の事「俺って男前~。」とか言い始めるから、言わない方がいいよ。」

と注釈を入れる。

「・・・」

沈黙を含んで、咎めるような視線を相方に送ってみた。

「何さ。(怒)」

「いえ・・。」

軽く敗北。
 
 
 


もう一人の方は初めましての方で、タナカさん。
歯科技工士の修行中で、なんでも、昔、1円玉台のケーキ(1ホールのアレだと思う)を作ったこともあるそうで、手先の器用さは大変なものであり、昔ライターもされていたとのことで、文章力も高いらしいのだ。

この人に頼めば、奥歯をカリッとした時に青酸カリが出るように細工してもらう事も不可能ではないかも知れないと、かなりの期待を抱いたが、考えてみると食事中に誤ってカリッとやってしまうと、もしかすると死んでしまうかも知れないので、「子供風邪シロップ」にしておこうと、密かに心に決めたのはココだけの秘密である。


そして相方。

相方の素晴らしさは、過去に何度もココに書いているので、割愛させていただく。
(ええ。ノロけですが何か?)

結構、こういうところに住んでいると、同年代の人間と交流する機会と言うものは無いもので、新鮮な刺激と、勉強をさせていただいた。
相方には感謝したい。

ウノさんと、タナカさんには、また是非遊びに来て欲しいものである。

|

« 戦う女性はカッコイイ。 | トップページ | 港で君と »

コメント

えと、、
私、もうその相方さんとご結婚されてるんだとばかり思ってました^^;
勘違い。。。。。


でもお互い大好きそうで、幸せそうでステキです☆

投稿: cyaco | 2004/08/17 12:59

ええと、本文中に登場する技工士の卵・タナカです(本物)。
昨日は突然お邪魔致しまして、長時間本当にお世話になりました!
ランチ、ピザ、コーヒー、そして帰りに購入したパン、どれもこれもホント美味しくてびっくりしました。工房村の雰囲気も、思わず時間を忘れてしまうほど居心地がよくて最高でした。次回は家族を連れてうかがいたいと思います。そのときはまたよろしくお願いします!

投稿: タナカ | 2004/08/17 17:47

こんにちは、涼 です。寿がい じゃない 年甲斐もなく 時々ここでお喋りをしています。

cyacoさん、涼も始めはそう思ってました。でも段々解ってきてお二人の様子を楽しく拝見しています。母上が登場なさるのもいいですね。
ある事情から、非常に羨ましく思っています。でもみんな幸せになってほしいです。

投稿: | 2004/08/17 17:55

度々すみません、涼 です。

相方さんへ

いつも楽しませて頂いて有り難う。ひとことお礼を言いたかったのだ。

投稿: | 2004/08/17 18:01

涼さん、はじめまして。

楽しませて頂いて有難うなんてそんな、有難うございます。
こうやって知らないところで楽しいと思っていただけるのって
不思議ですね。
ネットの弊害とかもまあこのご時世、いろいろ言われますが
ものは使いようですものね。
ともあれ「楽しい」は褒め言葉だと思っていますので
嬉しいです。
実際見てみるとがっかりされるかも知れませんが(笑

幸せはそうですね、どうせ生まれてきたならば
最終的にはささやかに笑っていければいいですよね。
今、途中がいろいろあっても、大なり小なり最後には。
誰ひとり外れることなく。

何偉そうに言ってんでしょうね。
失礼しました。

投稿: 相方 | 2004/08/17 18:45

>cyaco さん
まだ一緒にはなってませんねえ。
「私たちの関係を、国に認めてもらう必要はありません!」
などという、頭の良さそうな理由ではないのですが。

がんばります。

>タナカ さん
昨日はありがとうございました!
ご家族は勿論、一族郎党従えて遊びに来てくださいませ。
お待ちしておりますよ~。

>涼さん
年甲斐もなくだなんてそんな。
当blogは、「老若男女全てに楽しんで頂けるblog」を目指しておりますが、ちょっと世界が暴走しすぎて「管理人の自己満足blog」になっているのが実情でありごめんなさい。

>相方
同意だな。
っつーか、四六時中ほくそえんでいる俺はどーなんだろうか。
明らかに「笑い過多」だぞよ。

投稿: そんちょ | 2004/08/17 20:15

あの、わたしも奥歯に細工して欲しいのですが…。
できれば練乳あたりを詰めて欲しいかと。

投稿: Akkey | 2004/08/17 21:04

アズキも行っときますか。

投稿: そんちょ | 2004/08/18 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/1212623

この記事へのトラックバック一覧です: 相方の友。:

« 戦う女性はカッコイイ。 | トップページ | 港で君と »