« 天下御免の向う傷 | トップページ | 小言猫。 »

坊主と愛撫

半ば、いや、ほぼ確実に予想されていた事なのだが、私の坊主ヘッドを相方(彼女)に披露したところ、

e-0095.JPG

という事態に陥ってしまった。


ひたすら撫で繰りまわしながら、

「かわいいなあ~。」

「いいなあ~。」

「手触りいいなあ~。」

と、恍惚の表情を浮かべる相方。

しまいには

「いいなあ~、あたしもしようかな~。」

と言い出す始末。

「・・それはやめろ。」

慌てて制止する。
あまりにひたすらシャリシャリと撫で繰りまわすので、

「あんな、もういいだろ?」

と苦言を呈したところ、

「まー、いいじゃないスか。愛撫だよ、愛撫。」

・・愛撫ときたか。

「手のひらから愛情がじわっじわ出とるやろー。」

いや、名古屋弁で言われても。

しかし、それだけでは終わらなかった。
続いて相方の標的となったのは、アゴの不精ヒゲである。

「お、こっちにもショリショリがあるなー。」

「それはヒゲ!」

「えー、どっちがどっちやら分からんな。上も下もショリショリやなー。もはや、顔全体がショリショリやんかあ。」

e-0096.JPG


「あははは!あははは!」と意味不明の笑い声を発しながら、私の坊主ヘッドと、無精ひげをほしいまま蹂躙しつづける相方。
頭のいたるところを撫で繰りまわされ、揉みしだかれながら、「・・はやく、髪伸びてくれないかな・・」と願わずにはいられなかった事は言うまでもない。

|

« 天下御免の向う傷 | トップページ | 小言猫。 »

コメント

はじめまして、こんにちは。tipoと申します。

いつもは見てるだけですが、ついコメントをしたくなったので。

私も分かりますよ、相方さんのその気持ち!!弟が坊主にしてる時は、よく頭を撫でてその感触を楽しみましたv当然嫌がられましたけどね。
しかし、さすがに愛撫では無かったです。。。

投稿: tipo | 2004/07/26 12:56

tipo さん、はじめまして~。
いつも見てくださっているとのことで、ありがとうございます!

坊主はですね。
たしかに、不思議なフェロモンが出ているようで、思わず触りたくなるようですね。

しかし、こういうフェロモンは必要ないような気が最近します・・。

投稿: そんちょ | 2004/07/26 14:43

あら失礼ね。
アゴなんか実にうっとりとしてたじゃないか。
ごろごろ言って。

嫌いじゃないくせに素直じゃないなあ。

投稿: 相方 | 2004/07/26 15:06

私もわかるぅ~その気持ちw
触りたいなぁ~

男の子が髪を刈ってきたらそれは触らずにはいられませんでしたね
やっぱいやなんだ?!
好きな子に触られてもいやなんだ?!

そっかそっか・・・

ひげのジョリジョリはチューするとき痛いから
ちょっとキライw

投稿: cyaco | 2004/07/26 21:04

>相方
ああ、むしろ好きだともさ。
ふひょひょ。

>cyaco さん
いえいえ、「いやよいやよも好きのうち」。
女性はそうでない例が多いらしいですが、女性に(特に好きな女性に)触られてイヤな気分になる男はいませんて。

むしろ我ながらグッジョブ・・!(?)

投稿: そんちょ | 2004/07/26 21:23

いや、相方さんも折角その気になってるのだから、二人そろってペア坊主ってのがこの夏どこかで流行の悪寒。

投稿: Akkey | 2004/07/27 02:03

まるで、「少林サッカー」。(笑)

投稿: そんちょ | 2004/07/27 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/1053489

この記事へのトラックバック一覧です: 坊主と愛撫:

« 天下御免の向う傷 | トップページ | 小言猫。 »