« もっとも「死」に近い時 | トップページ | 親父の「ありがとう」 »

うどん屋にて

近所に、うどん屋さんが出来たらしい。
その情報を聞きつけ、簡単なメニューを書いたチラシも入手、昨日、相方と連れ立って潜入する事に成功した。

いや、ただ入店しただけなんだけど。


店に入ると、たまたま宮城のローカル番組の取材が行われていて、店員さんもすこし興奮気味に

「いま、取材が入っておりまして、少しバタバタすると思うのですけど、よろしいですか?」

と聞いてくれた。

構わない旨を告げて席に案内されたのだが、もし、インタビューされた時、どう答えたものかという事に思いを巡らせていたのは言うまでも無い。

「感動しました!」
とか、
「泣けました!」
とか、
「ブラピ最高!」
とか言えばいいのだろうか。

相方に相談してみたら、

「ブラピなんだ。」

という、どちらとも付かない反応を頂いた。


メニューは、自分の中でほぼ確定していた。

梅ワカメうどん。

妊婦さん並にサッパリしたもの好きな私は、これを頼もうと心に決めていた。

だって、梅とワカメだよ。
間違いなく毛根にも優しいハズだ。

メニューが来て、店員さんが色々説明してくれる。

懸命に説明してくれる店員さんには悪いが、私の中ではすでに梅ワカメが確定しているのだ。
何を迷う事があろう。

店員さんが一通り説明を終えたのを見計らって、
発注の機会を見た。

いざ!

e-0016-2.JPG

バカな!

絶妙の呼吸で「オススメメニュー」をねじ込まれてしまった。
私の中のサッパリしていて、それでいて毛根に優しいであろう梅ワカメうどんは、一瞬にして、辛さが自慢の角煮カレーうどんに改ざんされてしまったのだ。

きっと、サッパリはしていないし、その刺激は毛根にも厳しいことは想像に難くない。

別に、毛根に不安を抱えているわけではないのでいいのだけど、梅ワカメを失った悲しみは、私の心の中に嗚咽を満たすには十分過ぎた。

努めて顔には出さぬようにしていたが、相方が一言

「気を落とすな。」

と言ってくれたので、なんとか立ち直った。

角煮カレーうどんは、なるほど美味かった。
さすがオススメメニューだ。
少々辛いのがアレだけど、うどんも美味しいし、角煮もやらかい。
やはり、カレーには豚肉だよな。

食べているうちに、どうやら取材が終わったらしく、
「お騒がせしたお詫びに」と、
店内の全員に
ジュニタオルが贈呈された。

ジュニ。
あの可愛げのないキャラクターが不敵に笑っている。

おもむろに、カレーの辛さで噴出したこの汗を拭って、とめどなく流れ出るこのハナミズをなすって、汚してやろうかというドス黒い衝動が突き上げたが、横にいるつぶらな瞳のウシと思しきキャラクターに癒されることに成功し、許してやった。

そうさ、梅ワカメくらいいつでも食える。


店を出る時に、粗品をもらった。

醤油差し入りの醤油。

e-0016.JPG


・・・

今まで、色んな粗品をもらったが、さすがに「醤油差し入り醤油」などという大胆不敵な粗品は初めてだった。
クルマに置く所がないので、缶ホルダーに入れておいたのだが、クルマの缶ホルダーに鎮座する醤油差しというのはなかなかに風流だという事が分かった。

事情を知らない人がそれを見たら、

「ジュース代わりに醤油を飲むんだ・・」
とか、
「江戸っ子なんだな・・」
とか思われることは疑いの余地なく、新たなる憂いを催させるには十分だった。


ああ・・それにしても、梅ワカメ。
きっと、いつの日か。

|

« もっとも「死」に近い時 | トップページ | 親父の「ありがとう」 »

コメント

面白かったですw
しかし。

>やはり、カレーには豚肉だよな。

これは…。

…その昔、僕がレストランでバイトをしていた時のこと。
新しく入ってきたバイトの女の子が、僕に好意を持ってくれたのか、手作りのカレーをわざわざ持ってきてくれました。

食べてみて、衝撃を受けました。
そのカレーには、豚肉が入っていたのです。

「カレーに入っているのは、牛肉」

という、抜きがたい先入観のあった当時の僕は、ついにそのカレーを食べきることはできませんでした。
(その女の子には、悪いことをしたなぁと、今も反省しています)
「おいしい」とか「まずい」とかいう次元でなく、「気持ち悪かった」のです。

吉野家の「豚丼」以上の違和感がありました。

それから1度も「豚肉入りカレー」を口にすることなく生きてきましたが、今なら、食べれるでしょうか…。

ちなみに、「梅ワカメうどん」というのも、今日まで1度も食べたことがないですw

投稿: たろー。 | 2004/06/16 16:54

>たろーさん
えええ???
カレーの豚肉がキモチワルイですと???

なぜでしょう。
ビタミンB1も豊富だと言うのに。

私は、ヒトにカレーを作ってもらった時など、牛肉が入っていると少しガッカリする方です。

ブロックの豚肉が入っていればガッツポーズですね。

でも、「どうしても食べられない物」というのは分かります。
ああいうものを出された時ってのは、非常に困りますね。

変な汗をたらしながら食べるしかありません。


しかし、豚肉カレーはダメですかあ・・。
美味いのに。

投稿: そんちょ | 2004/06/17 00:19

>しかし、豚肉カレーはダメですかあ・・。

いや、今ならたぶん、食べれると思います。

当時は、何と言うか、

「いちご大福」
「納豆チャーハン」
「牛乳ラーメン」

みたいな、”組み合わせの違和感”を感じていただけだと思うので…。

ただ、大阪近辺で外食し、「カレー」を注文すれば、ほぼ100%牛肉が入っていますから、(大手カレーチェーンショップ等にはポークカレーがあるとは思いますが)自分で作ってみたいのですが、一体豚肉のどの部分を買えばよいのでしょうか。

ロース、肩ロース、バラなど…。

よくわかりません。
それと、そんちょさんオススメ”豚肉カレーにはこの食材を組み合わせるべし!”的副食材があれば教えて下さい。

いや、あの、僕は”カレー”には少しコダワっておりまして、僕が作る”たろー。オリジナルカレー”(角切り牛肉と牛ミンチ&隠し味にインスタントコーヒー粉等使用)は、かなりの出来だと自負しているので、この際”たろー。オリジナルカレー ポークエディション”も作りたいな、と思いまして…。

よろしくお願いします。

投稿: たろー。 | 2004/06/17 12:20

>たろーさん
バラですね。
それを少し厚めに切って、ゴロゴロと。
もともと、私は牛肉はあまり好きではなくて、メジャーな肉で言うと、
1位:ブタさん
2位:鶏さん
3位:ウシくん
となっているのです。

あのさくっとした食感がジャストフィットなのですよ。

しかし、たろーさん、カレーにかなりのこだわりをお持ちなのですね。
コーヒー粉末とか、チョコレートとか入れると、コクが増すと言うのは聞いたことがありますが、実践した事は無かったりします。(笑)

ちなみに、副食ですが、私はカレーを食べる時は、大体豆腐一丁にショウガをのせたものか、ゴロゴロにきったトマトにドレッシングをかけて食べますね。

ぜひ、「たろー。オリジナルカレー・ポークエディション」を食してみたいものですな。

投稿: そんちょ | 2004/06/17 19:44

こんにちは。SIMSIMです。

 ポークカレー。

 この”お題”に、私のコメント根性もそそられましたので、横から一言。

 >カレーには、豚でしょ。

 このコメントは、まったくもって同感です!
 私も、肉の中では豚が一番好きです!
 あの旨みたるや、何に合わせてもOKな、オールマイティな素材だと思います。

 ちなみに、私は 肉じゃが も、すき焼き ですら豚を使います。すき焼きでは、一度非難をあびたことがありますが、すき焼きの由来が「元は鋤で焼いていた」というのを知っていても、「すき焼きなんだから、好きな物を焼いてもいいでしょう!」と強気になってしまうくらい、豚肉派です。


 ところで。
 私が ポークカレー を作っているときにこだわるのは、
 まず、豚肉は塩コショウをしてからカレー粉をまぶして炒めること。
 二つ目は、ベースとなるスープには鶏肉を使うこと。
 です。
 
 ということで、我が家のカレーには、必ず”ゆで鶏”を使った副菜が供されます。
 「ねぎのてんこ盛りピリ辛サラダ」
 ですとか、
 「トマトときゅうりを添えてバンバンジー風サラダ」
 ですとか。

 カレーというのは、どこのお宅でもかなりこだわっているメニューではないでしょうか。と言いますか、こだわり甲斐のあるメニューと言うべきでしょうか。


 最後に。
 私もカレーにチョコやコーヒーを入れたことがあります。
 コーヒーは、ちょっと大人な味になりました。
 でも、チョコはちょっと・・・。4皿分の配合で、ダース(森永)にして2個分ほどしか入れなかったのにも関わらず、すさまじいほどの自己主張を発揮。好みにもよるとは思いますが、私は、チョコはちょっと・・・。

投稿: SIMSIM | 2004/06/17 20:36

バラ肉ですか。
ありがとうございます。

で、まず塩コショウしておくべき…とw
(チョコレートは、やめておきますw)

…しかし、”豚ファン”のパワーがすごいですなw
僕も豚肉は大好きですよ。

ただ、「カレー」に続いて「肉じゃが」さらに「すき焼き」ですか…。
もう想像したくもないけれどw

大阪は、「神戸牛」「松坂牛」の産地に挟まれていますから、どうしても

肉=牛肉

になってしまうんでしょう。
僕の実家の近所にも、神戸牛すき焼きの専門店があったりします。
(メチャクチャ旨いです)
ミナミの「はり重」のすき焼きも、旨くて有名ですが、高いのでも有名ですw

すき焼きで思い出しましたが、嫁さんの実家(愛媛・松山)ですき焼きをご馳走になったとき、白菜が入っているのを見て、またまた衝撃を受けました。
(そんなもん入れたらアカンやろ!)
と思ってしまいました。

…ちなみに、ウチのすき焼き(というか上記の店もですが)には、菊菜以外の緑の野菜は入っていません。

投稿: たろー。 | 2004/06/17 21:23

>SIMSIM さん
ですよね!
カレーはブタさんですよね!

肉じゃがだって、当然ブタですよ。
スキヤキだって・・・

スキヤキ・・・。

・・・スキヤキはウシ君ですすみません・・・!!!

中途半端なポーカー(ブタにキスト)ですみません・・・!!!

>たろーさん
スキヤキって、白菜、入れますよ?
普通に。
しばらく煮込んでいると、味が染み込んで美味い事美味い事。

でも、肉はウシ君。
SIMSIM さん、すみません!!
ブタの血の結束を(いつの間に締結?)破ってしまいました・・!

投稿: そんちょ | 2004/06/18 08:30

>スキヤキって、白菜、入れますよ?

ああ、やっぱり…。

イヤ、いいんです、いいんですよ。
僕が持っている「日本の鍋料理」みたいな本にも、「関東風すき焼き(割り下を作るヤツ)」の材料には”白菜”が入ってましたし。

でも、「関西風すき焼き(割り下を作らず、焼いた牛肉に直接砂糖・しょう油をかけて作る、少し難易度の高いヤツ)」には、まず白菜は入れないのです。

日本各地、同じ料理でも様々に違うのだなぁ、と改めて感動している次第でありますw

投稿: たろー。 | 2004/06/18 13:17

どうも。SIMSIMです。

 昼間っから、大爆笑ですわ。
 
 たろーさんは、結構”基本に忠実”な方なのですね。
 私は、もうすっかりおわかりかと思いますが、”何はともあれ、メニューがあって素材を選ぶ、のではなく、あるものを使ってメニューを作る”主義なもので、豚肉のすき焼き などという オキテ破り も平気でします(笑)。


>中途半端なポーカー(ブタにキスト)ですみません・・・!!!
>ブタの血の結束を(いつの間に締結?)破ってしまいました・・!

 ポーカー!新鮮な言語でした(爆笑!)
 はい。一番純粋な?ポーカーを自称させていただきます!!

 すき焼きに関しては、確かに非難をあびること多々あり、ですので、気にしないでください >そんちょさん  
 でもちょっと(:_;)

 ただ!
 一応悪あがいておきますが、『豚すき』というメニュー名で立派にあるんですよ。豚肉のすき焼き。
 まぁ、この場合、味噌風味にすることが多いようですが。
 

>>たろーさん
>スキヤキって、白菜、入れますよ?
>普通に。
>しばらく煮込んでいると、味が染み込んで美味い事美味い事。


 >たろーさん。
 もっと冒険してみてください!
 白菜ですよ。おいしくないわけがないじゃないですか!
 春菊とねぎだけじゃないですよ。
 →ここで、我が家の話をすると、ちょっとオーバーヒートさせてしまいそうなので、遠慮しておきます(笑)。

 私は、ありがたいことに好き嫌いがほとんどないので、その点は親にひたすら感謝です。
 でも、実はたろーさんと同じく、昔は

>”組み合わせの違和感”

 というものを感じた時期もありました。
 「マヨネーズご飯」
 「りんご煮」
 「パイナップル添えのポークソテー」
 などなど。
 特に、フルーツを煮るという感覚は、ジャムにすら抵抗を感じるくらいでしたから。

 でも、実は「食わず嫌い」だった、ということに気づいた途端!何でもあり主義に転向ですわ。
 すばらしき、日本人の 口中調味機能!(あらかじめ味をつけるのではなく、口の中でさまざまな素材を混ぜ合わせて味を作りだす機能。正式名称はちょっと違ったかも・・・)
  

 また、こんな白熱議論展開になるような記事、期待してます。 >そんちょさん

 お邪魔しました。m(_ _)m

投稿: SIMSIM | 2004/06/18 16:02

>たろーさん
ああ~、確かに、割り下入ってるほうですもんねえ。
スキヤキには、白菜、牛肉、シラタキ、豆腐、エノキ、タマネギ、椎茸、そしてウドンだと思います。

>SIMSIM さん

こんなハンパなポーカーでも許していただけますか。(笑)
実は以前、一度豚肉で作った事もあったのですが、家族全員「・・???」でした。

調理法が、ウシと同じではいけなかったのかも知れませんね。

投稿: そんちょ | 2004/06/18 22:44

久々のカキコです。お久しぶりでございます、そんちょ様。
私も多分その場にいたらカレーうどんを注文してしまうと思います。
カレーと言ったら豚!でしょう。関西の人は肉じゃがの肉も牛ですよね?私的にはそれは許せません!やっぱ豚です!

投稿: さくら | 2004/06/23 02:36

>さくらさん
ども~。
お久しぶりですね。
さくらさんも、やはりカレーになってしまいますよね。
それが人として当然の心理だと思います(本当か?)!

そして、カレーも豚さん!
どーですか。
たろーさん。
当blogでは、「ポークカレー党」が圧倒的有利ですよ。
むしろ、「カレーに牛くんを入れるのは非国民」と言わんばかりの風向きです(?)。

余談ですが、カレーにグリンピースが入っているのは、私ちょっとイヤだったりします。
グリンピースが嫌いではなくて、取り合わせが・・。

投稿: そんちょ | 2004/06/23 08:18

う~ん岡山生まれの私としては、関西系のたろー。さんに同意したいところですが、やはりわあしもカレーと言えばポーク、肉じゃがもポークです。
やっぱ、煮物料理の王道は豚バラですよね。

ちなみにスキ焼きとだけ言われるとさすがにビーフですが、豚スキとか鶏スキとか言われても違和感は無いですな。

ぬぅ、昼はカレーうどんが食べたくなった。(^◇^;)

投稿: Akkey | 2004/06/23 10:51

ビーフカレーにはもちろん牛ですがカレーと言ってたら豚。肉じゃがも豚。でもすきやきは両方です(笑)どっちでもいい。冷蔵庫にあるもの突っ込みます(笑)

投稿: さくら | 2004/06/23 21:56

>Akkey さん
豚バラはおいしいですよねえ。
あのサックリ感が。
ああ・・豚丼食べたくなってきた・・。

>さくらさん
>冷蔵庫にあるもの突っ込みます(笑)

まあ、結局はそれが基本だったりしますよね。(笑)

投稿: そんちょ | 2004/06/24 07:44

スキヤキの事で・・・
ようやく寒くなり、我が家でもスキヤキをする機会がありましたが
材料でもめました。 私が大阪で妻が仙台の状況です。
やり方は関西風で一致・・・・問題無し。
材料 白菜 私・・・そんなもん入れるか! 水炊きとちゃうぞ!
      妻・・・うちではずっと白菜入れてる!

   牛蒡 私・・・これ入れたらうまいぞ!
      妻・・・なにそれ!

   ネギ 私・・・ネギは青ネギやろ!
      妻・・・こっちでは曲がりネギ(白いところが多い)

ちなみに今住んでいるのは仙台なんで少し押され気味です。
楽しいスキヤキがもとで険悪になってはマズイのでこっちが
譲歩している状態ですが、白菜はやっぱり受け入れられません。
緑のネギがたくさん入っているスキヤキが恋しいです。
牛蒡については料理の本などでも見かけないので一般的では
ないのでしょうか?

投稿: ticktack1959 | 2004/12/05 01:24

>ticktack1959さん
ゴボウは我が家でもたまに入ってますねえ。
ネギは、そんなにこだわりはありませんが、問題は白菜です。

白菜は・・・・入れます!
あのシナシナのヒタヒタになった白菜が美味しいのですよ!!!
白菜バンザーイ!!!(?)

投稿: そんちょ | 2004/12/05 08:33

>ticktack1959さん

よかった…、ようやく僕の協力者が…w

>材料 白菜 私・・・そんなもん入れるか! 水炊きとちゃうぞ!

…そうなんです、そのとおり!大きな声で言いたい!!!

「水炊きとちゃうぞ!!!」

でも、たしかに

>楽しいスキヤキがもとで険悪になってはマズイ

ので、僕も嫁さんの実家では遠慮しますが、大阪ではそうはさせません。

白菜ハンターイ!!!w
…他の鍋料理では、お世話になります、お白菜様。

投稿: たろー | 2004/12/15 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24792/778586

この記事へのトラックバック一覧です: うどん屋にて:

» カレー [たろぐ]
言戯:うどん屋にてにつけたコメントからの話なのだが、僕はこう見えてけっこう料理を [続きを読む]

受信: 2004/06/18 00:24

» http://sakura-poppy.tea-nifty.com/sakura2/2004/06/post_24.html [花が咲くまで]
[続きを読む]

受信: 2004/06/23 22:23

« もっとも「死」に近い時 | トップページ | 親父の「ありがとう」 »