【飯炊釜とは?】

飯炊釜とは?

Kamazentai

飯炊釜は、一つ一つ職人が手作りで生み出した、
陶器製ご飯釜です。

Kamaplo

構造は、本体と外蓋と内蓋のみ。
研究を重ねて生み出された丸みが、
絶妙の対流熱を生み出し、
内蓋がそれを加圧して、
陶器ならではの保温性が生み出す輻射熱で、
ご飯をふっくらと炊き上げます。

Kamanaibu

さらに、飯炊釜一番の特徴が、

『炭火焼き締め焼成法』。

釜内部に炭の成分を焼き付けることにより、
ご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げることに成功しました。

この炭成分は、1,200℃超の高温で焼き付けてあるため、
半永久的に効果が持続します。


では、実際にどのように使用するのか、
ご説明いたします。

【飯炊釜の使い方】へ

| | トラックバック (0)