【お知らせ】

原発事故による放射性物質について

原発事故による放射性物質について

当店で製造しております飯炊釜は、
粘土は三重県から取り寄せており、
工房所在地も、
空気線量0.08usv/h以下(大和町調べ)の地域にあります。

宮城県産業技術総合センターにて飯炊釜の放射線量を調べていただきました。

H01

宮城県産業技術総合センター外観

H02

本検査に入る前の予備検査

H03

本検査の様子。
検査室内の放射線量が0.04μSv/h(マイクロシーベルト/毎時)で、
飯炊釜本体、炭化焼き締め部分の放射線量は0.05μSv/hでした。

以下に「宮城県産業技術総合センター」様から交付された証明書を添付いたします。
※画像クリックで拡大表示します

Sokutei01_ss

ご購入時のご参考にしていただければ幸いです。

|